アスリートを支える薬剤師になろう

67枚のカードで遊んで学ぶドーピング

ドーピングガーディアン

  •  2018年05月22日 08:00

 静岡県島田市、人口約98,000人。この地で初めての健康サポート薬局を開設したみどりや薬局の清水雅之氏は、スポーツファーマシストとしての経験から、ドーピングを薬剤師や一般市民が楽しく学べるツールとして「ドーピングガーディアン」というカードゲームを企画・製造した。清水氏に、その目的や遊び方などを聞いた。

IMG_7052suzukishi.jpg







みどりや薬局 清水雅之氏

スポーツファーマシストとアスリートを近づけたい

 禁止物質の入った薬やサプリメントを「故意」ではなく使用してしまう「うっかりドーピング」。

 もしも、そのアスリートの身近にスポーツファーマシストがいれば防げたであろう事例も少なくない。また、アンチ・ドーピング研修を行っていたり、専属のスポーツファーマシストがいるような競技団体であっても違反事例は発生している。

 清水氏は、スポーツファーマシストとアスリートをもっと近づけて、かつアスリートの行動に変化をもたらすようなツールの必要性を感じていた。

楽しみながら学ぶツールが必要

 地域では、健康サポート薬局として、アンチ・ドーピングの啓発講座を実施してきたものの、講義型の講座では教育効果に限界を感じていた同氏。ドーピングについて楽しみながら学び、うっかりドーピングを防ぐノウハウを直感的に理解し、身につけられるツールが必要であると考えた。

 そうして作ったのが、『ドーピングガーディアン』である。構想に4年もかけ、同氏と同様にスポーツファーマシストである妻と、画用紙を切り貼りしながら作り上げた渾身の作品だ。ジュニア世代にも楽しんでもらえるよう、薬品などの専門的な知識を必要としないながらも、現実に近い設定で楽しめることにこだわった。

 IMG_1131DGDG.jpg
67枚のカードでポイントを積み上げて競う。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)