アスリートを支える薬剤師になろう

薬剤師が考えたカードゲームで遊んでみたら、思いのほか面白かった。

アスリートの気持ちを体感!ドーピングガーディアン

  •  2018年05月23日 08:00

「薬剤師が考えたカードゲームがあるらしいよ」

 こんにちは、編集Tです。大阪の編集Hからメールが届きました。「薬剤師が考えたカードゲームがあるらしいよ」。

 ゲームの名前は「DOPING GUARDIAN(ドーピングガーディアン)」。キャッチコピーは「うっかりドーピング防止ゲーム」とのこと。

「アスリートを支える薬剤師になろう」という企画を開始してそろそろ半年。ドーピング問題への関心は、日々深まるばかりです。このキャッチコピーを聞いて、黙ってはいられない!

 さっそく、「取り寄せてプレイしてみよう!」と、製作者の清水雅之さん(静岡県みどりや薬局)に問い合わせました。すると、近々、都内に来られる予定があるとのこと。直接お会いして、一緒にプレイすることになりました。他の編集部員も誘ってドーピングガーディアンで遊んで(うっかりドーピングに関する啓発効果を検証...して)みました。

IMG_1131DGDG.jpgボードゲーム好きな私としては、十分満足できる面白さでした。知人や家族と遊べば、面白いカードゲームの1つとして盛り上がるでしょう。もちろん、啓発用ツールとしてもよくできていると思いました。ゲームの体験会に参加した方々が、「選手の気持ちがよく分かる」「スポーツファーマシストに相談することの大切さがよくわかった」といった感想を述べていたそうですが、大いに共感!ドーピングを楽しく学ぶための学習ツールの1つとして活用できそうです。

 プレイすれば、ゲームとしても、啓発用資材としても"うまく出来ている"ことは言わずもがな。・・・ですが、まだ手に取ったことのない方が多いでしょう。プレイしていない人にも魅力が伝わるように、プレイ中に清水さんが繰り出したいくつかの名言と合わせて、ドーピングガーディアンを紹介します。一切の利益相反はありません。

IMG_7048SP0101.jpg市で唯一のスポーツファーマシストでもある清水さん。ベストはスポーツファーマシストとして活動するときのユニフォーム。ドラッグストアにいるアスリートから「どの痛み止め(のOTC)を買ったらいいの?」などと問い合わせが入ることも多いそうだ。

この記事で紹介することと、清水さんの名言

  1. 遊び方
    サプリカードでトレーニングカードの効果を高め、病気カードを薬カードで治す
  2. 清水さんの名言から、ドーピング問題を知る
    1)病気はアスリートの都合を考えてくれない!
    2)試合日が迫ると薬のことなど忘れてしまう!
    3)どんなにトレーニングを積んでも、ドーピングをしたら失格!
    4)サプリにも薬同様のリスクはあるが効果を確かめたくてつい飲んでしまう
    5)アスリートにとってドーピングは「薬がたまたま引っかかるかどうか」といった感覚か
  3. ゲームを作った目的
    薬剤師に早い段階で相談することが大事だと理解してほしい
  4. 活用方法
    ドーピングへの問題意識を橋渡しするツールとして活用してほしい

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)