アスリートを支える薬剤師になろう

かぜ薬のうっかりドーピングは要注意!

そのクスリ、禁止薬です!

  •  2018年06月06日 08:00

 近年、市民やジュニア選手が出場するスポーツ大会でも導入されるようになったドーピング検査。アンチ・ドーピングの知識はオリンピック選手に限らず、全てのアスリートにとって必須のものになっています。スポーツファーマシストではないけれどアスリートの役に立ちたいと考える薬剤師T子を中心に、実務で押さえておきたいアンチ・ドーピングに関する情報をお伝えします。

登場人物.PNG

今回学ぶこと

  1. 身近な総合感冒薬に含まれる興奮薬(S6)

  2. おさらい:興奮薬(S6)

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)