リウマチ新規薬剤、市販後調査の中間解析

新規・予期せぬリスクは認められず

  •  2018年06月12日 10:00

 関節リウマチ(RA)を適応として日本で初めて承認されたヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬トファシチニブの市販後調査(PMS)の中間解析結果が、第62回日本リウマチ学会(4月26~28日)で公表された。約3,500例における安全性の解析結果を報告した東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センターリウマチ性疾患薬剤疫学研究部門特任教授の針谷正祥氏は、同薬で新たなもしくは予期せぬリスクの発生がなかったことを明らかにした。その一方で、適応外使用があったことを指摘し、同学会の抗リウマチ薬市販後調査小委員会として適正使用を強く求めた。

20855_face.jpg

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)