新規登録

ドーピング違反は誰が決める?どうやって?

日本アンチ・ドーピング規律パネル委員長から薬剤師にメッセージ

2018年06月19日 17:00

ドーピング違反は誰が決める?どうやって?

 競技会でのドーピング検査で尿中から禁止物質が検出されたとしても、それだけでドーピング違反となるわけではありません。

 アスリートには、自己の体内に禁止物質が入り込んだ経緯について説明・立証する機会が必ず与えられます。その説明を聞いた上で、ドーピング違反が成立するか、また成立するとしていかなる制裁が下されるかにつき、中立的な裁定機関である日本アンチ・ドーピング規律パネルが決定します(日本において)。同パネルは法律家・医師・スポーツ関係者により構成されており、日本ドーピング防止規程に基づいて決定を行います。

 なお、その決定に不満を有するアスリートには、さらに日本スポーツ仲裁機構に上訴する権利が与えられています。 これまでに、規律パネルの決定に不満を有して実際に上訴したアスリートがいます。

 さて、今回、日本アンチ・ドーピング規律パネル委員長の早川吉尚氏から、薬剤師にメッセージをいただきました。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
「地域を支える薬剤師」第1歩は学校薬剤師から!

「地域を支える薬剤師」第1歩は学校薬剤師から!

スポーツファーマシスト奔走記
2018年09月06日

大井川マラソンに薬局ブースを出店

大井川マラソンに薬局ブースを出店

スポーツファーマシスト奔走記
2018年08月02日

トップアスリートを世界に送る薬剤師

トップアスリートを世界に送る薬剤師

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年08月01日

7 月前半の押さえておきたい健康情報

7 月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年07月18日

アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月29日

自分の血液もドーピング対象に!?

自分の血液もドーピング対象に!?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月26日

スタミナ向上に悪用されたEPO製剤

スタミナ向上に悪用されたEPO製剤

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月22日

トップに戻る