新規登録

薬剤師の倫理的な判断に必要な5つの視点

2018年06月21日 14:17

シップヘルスケアファーマシー東日本株式会社
川村 和美

患者さんの望みに応えるか、医師の指示に従うべきか...。どのように判断したら適切なのだろうとモヤモヤしたことはありませんか?

とりわけ、"倫理的判断"に迷う場面においては、直感に基づく判断に頼らず、そのケースをさまざまな側面から幅広く検討し、より望ましい決定をするというプロセスが重要になります。ここでは、ケース分析を行う上で大切な5つの視点を説明します。

第0回5つの視点表03.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
【解説】治療方針に沿わない行動を口止めされたら?

【解説】治療方針に沿わない行動を口止めされたら?

薬剤師の判断力向上講座
2018年08月23日

「絶対に誰にも言わないで」

「絶対に誰にも言わないで」

薬剤師の判断力向上講座
2018年08月23日

「薬剤師は何もしてくれない」

「薬剤師は何もしてくれない」

薬剤師の判断力向上講座
2018年07月25日

【解説】薬剤師に不満を持つ患者への対応

【解説】薬剤師に不満を持つ患者への対応

薬剤師の判断力向上講座
2018年07月25日

【解説】長話をする患者への望ましい対応

【解説】長話をする患者への望ましい対応

薬剤師の判断力向上講座
2018年06月29日

「また、その話?!」長話する患者にどう対応する?

「また、その話?!」長話する患者にどう対応する?

薬剤師の判断力向上講座
2018年06月29日

トップに戻る