新規登録

Q 服薬指導・生活指導のポイントは?

2018年06月25日 15:00

「子供は小さな大人ではない」と表現されるように、特殊性の高い小児科領域。
小児科処方箋を日々応需する薬剤師が、小児科処方の解析、患児・保護者への対応について意見を交換していきます。
参加メンバーの思考・視点を参考に、小児薬物療法の知識を深めましょう!

CASE 7

10歳 ミニリンメルト®、ベシケア®の処方

10歳 男児 30kg

初診までの経緯

  • 小学1年生ごろから、ほぼ毎日夜尿がある。近隣の小児科で相談したが、「そのうち治るだろうから様子を見ましょう」と言われ、生活指導を受けていた(夜尿症は専門ではない)
  • 小学4年生になった現在もまだ週3~4日以上夜尿があり、サッカーの合宿を控えているため、同じ小児科を受診した
  • 早く治したいという本人の強い意志もあり、ミニリンメルト®の処方を開始し、再度生活指導を受けることとなった

初診時の処方内容

  • Rp. 1 ミニリンメルト®OD錠120μg 1錠 分1 14日分

来局した経緯

  • 今回は2回目の受診
  • 初診時から、おねしょ日記をつけ、生活改善に取り組み、夜尿の回数も多少減ってきた気がしている
  • しかし、週に3~4日の夜尿に加え、日中もおしっこが近く何度もトイレに行かなければならない。学校生活に支障を来すため、ベシケア®を追加することとなった

基礎疾患なし

身体所見

  • 夜間多尿あり、昼間頻尿あり、便秘なし

生活上の問題点

  • 週に2~3回サッカーに通っており、サッカー中にスポーツドリンクを500mL~1L飲んでいる
  • サッカーの日は、帰宅後20時ごろに夕食、疲れているため21時に就寝。通常は19時に夕食、22時に就寝

今回の処方箋

  • Rp. 1 ミニリンメルト®OD錠120μg 1錠 分1 夕食後 14日分
  • Rp. 2 ベシケア®OD錠2.5mg    1錠 分1 夕食後 14 日分

[出題]
●さくらいひろみ/薬局 ●中山泰葉/昭和大学病院薬局 ●見崎知子/愛知医科大学病院薬剤部

[スーパーバイザー]

●冨家俊弥/医療法人同愛会小澤病院 薬剤部長 昭和大学薬学部病院薬剤学講座 兼任講師
●石川洋一/国立成育医療研究センター薬剤部長

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
Q その他に気になることは?

Q その他に気になることは?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年10月24日

Q 生活について、どう考える?

Q 生活について、どう考える?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年10月24日

Q 栄養、医療的ケアについて、どう考える?

Q 栄養、医療的ケアについて、どう考える?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年10月24日

Q 調剤上、注意することは?

Q 調剤上、注意することは?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年10月24日

Q 訪問薬剤管理指導の導入を検討中。処方内容についてどう考える?

Q 訪問薬剤管理指導の導入を検討中。処方内容についてどう考える?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年10月24日

食物アレルギーにおける不適切な除去が判明した場合、どこまで介入する?

食物アレルギーにおける不適切な除去が判明した場合、どこまで介入する?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  エピペンが処方された際の資料や工夫している説明は?

Q エピペンが処方された際の資料や工夫している説明は?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  Bちゃんのお母さん、本人に確認や指導することは?

Q Bちゃんのお母さん、本人に確認や指導することは?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

トップに戻る