新規登録

薬剤師としてスポーツに関わりたくて

スポーツファーマシストが見つけた健康サポートの道

2018年06月26日 08:00

 

埼玉県川口市の医療モールの一角にあるアイセイ薬局 川口前川店。そこではスポーツを愛する薬剤師の室田陽右氏が、スポーツファーマシストとアスリートフードマイスターという2つの資格を活かして、スポーツを切り口とした地域住民の健康サポートをしています。

室田氏に、スポーツファーマシストとしてのアンチ・ドーピングへの取り組み、そしてアスリートフードマイスターとしての栄養面からのサポートの取り組み(アスリートフードマイスター編はこちら)について伺いました。

IMG_7194.JPG
アイセイ薬局 川口前川店 室田陽右氏

スポーツファーマシスト編
アンチ・ドーピングへの取り組み

  1. 薬剤師としてスポーツと接点を持ちたくて
  2. 国体選手が相談に
  3. 利尿薬の処方変更を依頼
  4. オリジナルテキストブックを持ち歩く

薬剤師としてスポーツと接点を持ちたくて

もともとスポーツが大好きで、小学校から野球・剣道・水泳を習っていた室田氏。社会人になってからも仕事の合間にサッカーやストリートダンスをする中で、薬剤師として何らかの形でスポーツに関わりたいとの思いが膨らんでいった。そして、2009年、スポーツファーマシスト認定制度が開始するという知らせを耳にした。

「これだ!スポーツに貢献できる!とすぐに応募しました」と室田氏は振り返る。しかし、2009年、2010年は抽選で落ちてしまい、3回目の2011年にようやく受講がかなった。

国体選手が相談に

実際に認定を取得したのは2012年。念願のスポーツファーマシストになれたが、いくら待てども、スポーツ選手は相談に来ない。次第にスポーツファーマシストの認定を持つ意義を感じられなくなっていった。そんなある夏の日。室田氏を奮い立たせる出来事が起こる。

「今度国体に出場する」というスポーツ選手が現れた。「今日処方された薬に禁止物質が入っていないか確認してもらえないですか?」

――「ホントに来た!」
スポーツファーマシストを取ってよかったと、初めて感じた瞬間だ。「でも...すぐに答えられなかったんです。悔しかったです。専門書やテキストでもっと勉強するぞと気を引き締めました(室田氏)」

その時の処方薬は胃腸薬(H2ブロッカー)。禁止物質ではないが、他に服用している薬も合わせて確認し、後日、その選手に回答した。

待っているだけでは始まらない。そう感じた室田氏は、JADAのスポーツファーマシスト検索サイトに登録して、自分の存在をアピールすることにした。

IMG_7240.JPG名札にはスポーツファーマシストのクリップが

利尿薬の処方変更を依頼

相談を受けて処方変更に至った事例もあるという。降圧薬を飲んでいるスポーツ選手に利尿薬が処方されたケースだ。利尿薬は隠蔽薬として常に使用が禁止されている。すぐに処方医に疑義照会して事情を説明し、代替薬に処方変更してもらった。以前からその患者がスポーツ選手だと知っていたため、室田氏がかかりつけのように担当していたのがよかった。

「スポーツ選手であることを医師に伝えても、医師はどの薬に気を付けてよいか分からないことがあります。だから、薬剤師がゲートキーパーとしての役割を果たすべきですね」

同じ患者さんから、「プロテインを飲んでいるけれど大丈夫か?」と聞かれたこともあるそうだ。その際は、「成分表示されていなくても禁止物質が入っている場合があるので、できればJADA公認のプロテインに切り替えたほうが安心ですよ」と伝えた。近年、サプリメントによるアンチ・ドーピング規則違反が目立つゆえに細心の注意が必要となると、同氏は強調する。

JADAサプリメント分析認証プログラム
https://www.playtruejapan.org/qualified/

いつでも対応できるよう
オリジナルテキストブックを持ち歩く

スポーツ選手からの相談に自信を持って答えるために重宝しているツールは2つ。「薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドブック」(日本薬剤師会から1部500円で販売)と、Grobal DRO(JADAウェブサイト)だ。

室田氏は、テキストを店舗に1冊、さらにいつでも対応できるよう携帯用にもう1冊購入している。最近では他店舗からも「スポーツファーマシストの室田氏に」と指名され、アンチ・ドーピングの相談を受けることがあるそうだ。これからの展望を聞くと、「アンチ・ドーピングと栄養という2つの柱でスポーツマンを支える薬剤師像を突き詰めたい」と室田氏は熱く語った。

SP室田氏テキスト.png
「禁止表国際基準は毎年1月1日に発効されます。なので、前年10月にWADAのウェブサイトで公示される変更点を調べてテキストに書き込んでいます。"室田オリジナル版"です。でも、これを持ち歩くようになってから問い合わせはなくて(笑)」
ガイドブックを開くと細かい赤字の書き込みがあった。

【取材日2018年5月16日】

コメント

コメントの投稿はDISQUSもしくは各種SNSアカウントでログインするで必要があります。DISQUSの登録方法について

似たようなコンテンツ
アスリートでなくてもアンチ・ドーピング教育が必要なワケ

アスリートでなくてもアンチ・ドーピング教育が必要なワケ

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年10月25日

学校薬剤師と在宅活動の共通点とは!?

学校薬剤師と在宅活動の共通点とは!?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年10月18日

日本大学のスケールメリットを生かしたアンチ・ドーピング研究

日本大学のスケールメリットを生かしたアンチ・ドーピング研究

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年10月12日

セルフメディケーションが怖いアスリートたち

セルフメディケーションが怖いアスリートたち

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年10月04日

薬剤師がスポーツの世界に踏み込むための5つのアイデア

薬剤師がスポーツの世界に踏み込むための5つのアイデア

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年08月23日

トップアスリートを世界に送る薬剤師

トップアスリートを世界に送る薬剤師

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年08月01日

スポーツ栄養の知識を地域に生かす

スポーツ栄養の知識を地域に生かす

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年07月03日

アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月29日

トップに戻る