新規登録

自分の血液もドーピング対象に!?

2018年06月26日 14:00

自分の血液もドーピング対象に!?

 近年、市民やジュニア選手が出場するスポーツ大会でも導入されるようになったドーピング検査。アンチ・ドーピングの知識はオリンピック選手に限らず、全てのアスリートにとって必須のものになっています。スポーツファーマシストではないけれどアスリートの役に立ちたいと考える薬剤師T子を中心に、実務で押さえておきたいアンチ・ドーピングに関する情報をお伝えします。

登場人物.PNG

今回学ぶこと

  1. 自分の血液の輸血もダメ?(M1)
  2. 高地トレーニングや酸素カプセルは?(M1)
T子.PNG

前回は、持久力を上げる目的でドーピングにエリスロポエチン(EPO)製剤が使われているということを教えてもらったわ。持久力を上げるためには心肺機能を強化すればよくて、その方法がいくつかあるというクイズの答え合わせだったわね...。

S男.PNG

そう、下のクイズだね。〈c〉EPO製剤のほかにどれが禁止だったか覚えている?

クイズ:禁止されている物質・方法は次のうちどれ?

〈a〉自己血輸血
〈b〉高地トレーニング
〈c〉エリスロポエチン(EPO)製剤
〈d〉酸素カプセル
〈e〉血液クレンジング(オゾン療法)

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
おすすめコンテンツ
アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月29日

スタミナ向上に悪用されたEPO製剤

スタミナ向上に悪用されたEPO製剤

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月22日

ドーピング違反は誰が決める?どうやって?

ドーピング違反は誰が決める?どうやって?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月19日

アスリートが飲んではいけない風邪薬はどれ?

アスリートが飲んではいけない風邪薬はどれ?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年05月31日

胃腸薬、アスリートが使えるものは?

胃腸薬、アスリートが使えるものは?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年05月25日

薬剤師が考えたカードゲームで遊んでみたら、思いのほか面白かった。

薬剤師が考えたカードゲームで遊んでみたら、思いのほか面白かった。

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年05月23日

67枚のカードで遊んで学ぶドーピング

67枚のカードで遊んで学ぶドーピング

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年05月22日

トップに戻る