新規登録

生物学的製剤がもたらした成果と今後の課題

アッヴィ合同会社 ヒュミラ®発売10周年メディアセミナー

2018年06月29日 10:15

 従来、関節リウマチや炎症性腸疾患、乾癬などの自己免疫性疾患は、薬物治療が困難とされていた。しかし、生物学的製剤が登場したことにより、これらの疾患の寛解を目指すことが可能になっている。世界初のヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤であるアダリムマブ(ヒュミラ®)が日本で発売されて10年が過ぎたことから、生物学的製剤の意義や今後の課題を振り返るプレスセミナー(6月20日)が開催された。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
おすすめコンテンツ
増え続ける梅毒 妊婦感染の現状

増え続ける梅毒 妊婦感染の現状 New!

行ってきました
2018年07月12日

薬剤師が女性の味方になるために ―ホルモンや避妊の正しい知識を身に付けよう―

薬剤師が女性の味方になるために ―ホルモンや避妊の正しい知識を身に付けよう― New!

行ってきました
2018年07月11日

高齢者の低栄養の弊害を正しく伝える工夫

高齢者の低栄養の弊害を正しく伝える工夫 New!

行ってきました
2018年07月10日

結節性硬化症の皮膚症状に世界初の治療薬

結節性硬化症の皮膚症状に世界初の治療薬

行ってきました
2018年07月06日

処方変更を提案するためのトレーシングレポート活用法

処方変更を提案するためのトレーシングレポート活用法

行ってきました
2018年06月20日

健康サポート薬局を評価する指標、QI

健康サポート薬局を評価する指標、QI

行ってきました
2018年06月19日

薬を飲み忘れる患者さんの心理とは

薬を飲み忘れる患者さんの心理とは

行ってきました
2018年06月19日

トップに戻る