新規登録

スポーツ栄養の知識を地域に生かす

スポーツファーマシスト、そしてアスリートフードマイスターとして

2018年07月03日 10:25

 

スポーツへの関心が高じて取得したスポーツファーマシストの認定を生かしながら、地域に根ざす薬剤師としての活動を模索する薬剤師がいます。

埼玉県川口市の室田陽右さん(アイセイ薬局川口前川店)は、スポーツファーマシストだけでなく、アスリートフードマイスターの資格も取り、アスリートや地域住民を薬と栄養、2つの側面から支えています。薬と栄養をリンクさせて2つの柱でスポーツ選手を支える取り組みについて、伺いました(スポーツファーマシストとしてのアンチ・ドーピングに関する取り組みはこちら)。

IMG_7194.JPG
 室田陽右氏(アイセイ薬局 川口前川店)

アスリートフードマイスター編
薬と栄養、2つの柱でスポーツ選手を支える

  1. 栄養管理ができれば、ドーピングリスクは低下する!
  2. スポーツ栄養の知識は一般患者にも生かせる
  3. スポーツ選手が気にするたんぱく質とプロテイン
  4. アンチ・ドーピングと栄養、そして今後はリスク管理にも取り組みたい

栄養管理ができれば、ドーピングリスクは低下する!

スポーツ少年だった室田氏が就職してから夢中になったのが、ストリートダンスだ。仕事を持ちながらも練習に打ち込んでいると、体調を崩すことがあった。いつしか、スポーツにおける体調管理の重要性に強い意識を持つようになった。

「練習や試合などを日常的にこなすスポーツ選手は、生活活動強度※1が高いです。ストレスも相当強いため胃を悪くしたり、風邪を引いたり、けがをしたりもします。だから、食事習慣を見直して体調管理をすれば、"薬やサプリを飲む機会が減る=禁止物質の心配がなくなる"と考えました。スポーツファーマシストとスポーツ栄養への取り組みをリンクさせる。これがアスリートフードマイスター取得のきっかけです」。室田氏は力強く語った。

なるべく薬やサプリに頼らない身体づくりを、栄養面でサポートする。食事の話だと切り出しやすいのでは、とも考えた。

スポーツ栄養の知識は一般患者にも活かせる

そして、アスリートフードマイスター講座を受講した。スポーツ栄養といっても、結局は栄養学の話。一般の患者に対する栄養指導にも、十分活かせることに気が付いた。現在、患者対応には必要に応じて栄養指導を取り入れているが、基本的にアスリートと一般の患者の間で伝える内容に線引きはしていないという。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
薬剤師がスポーツの世界に踏み込むための5つのアイデア

薬剤師がスポーツの世界に踏み込むための5つのアイデア

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年08月23日

トップアスリートを世界に送る薬剤師

トップアスリートを世界に送る薬剤師

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年08月01日

アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アンチ・ドーピングを学ぶならコレ!

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月29日

自分の血液もドーピング対象に!?

自分の血液もドーピング対象に!?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月26日

薬剤師としてスポーツに関わりたくて

薬剤師としてスポーツに関わりたくて

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月26日

スタミナ向上に悪用されたEPO製剤

スタミナ向上に悪用されたEPO製剤

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月22日

ドーピング違反は誰が決める?どうやって?

ドーピング違反は誰が決める?どうやって?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年06月19日

トップに戻る