新規登録

第2のJAK阻害薬、関節破壊を長期で抑制

バリシチニブ長期継続試験RA-BEYOND

2018年07月04日 10:00

 産業医科大学第1内科学講座教授の田中良哉氏は、関節リウマチ(RA)に対するヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬バリシチニブ長期継続試験RA-BEYONDの2年間の成績がまとまったとして、第62回日本リウマチ学会(4月26~28日)で発表した。バリシチニブで治療を開始した患者での関節破壊の有意な進展抑制が得られ、TNFα阻害薬であるアダリムマブと同様の効果が確認された。今回、日本人集団の解析結果についても公表された。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

薬剤・医療ニュース
2018年08月27日

海外製の美白クリーム剤で健康被害

海外製の美白クリーム剤で健康被害

薬剤・医療ニュース
2018年08月27日

エピペン初のジェネリック承認、FDA

エピペン初のジェネリック承認、FDA

薬剤・医療ニュース
2018年08月22日

発がん物質混入の降圧薬、がんリスクを発表

発がん物質混入の降圧薬、がんリスクを発表

薬剤・医療ニュース
2018年08月16日

ベリムマブがSLEの臓器障害に優れた改善効果

ベリムマブがSLEの臓器障害に優れた改善効果

学会レポート
2018年08月06日

リウマチ患者が薬剤師にお願いする5つの配慮

リウマチ患者が薬剤師にお願いする5つの配慮

薬剤・医療ニュース
2018年07月24日

サリルマブがMTX効果不十分RAで有効性示す

サリルマブがMTX効果不十分RAで有効性示す

学会レポート
2018年07月24日

トップに戻る