新規登録

薬剤師が女性の味方になるために ―ホルモンや避妊の正しい知識を身に付けよう―

2018年度 日本女性薬剤師会学術講演会

2018年07月11日 10:30

 性をテーマにした2018年度 日本女性薬剤師会学術講演会で、社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター愛育病院(港区)院長の安達知子氏が登壇した。望まない妊娠を避けるために、女性が主体的に避妊を行うことが重要であり、その方法の1つとして経口避妊薬(oral contraceptive; OC)がある。しかし、OCにはもともと性感染症(sexually transmitted infection; STI)を蔓延させる、風紀を乱す、といったイメージが付きまとい、さらに教育現場でも性教育が不十分なことから、日本では普及しているとは言い難い。同氏は「女性のQOL向上には、避妊や月経に関するトラブルや疾患に対しての適切なホルモン療法が重要で、特に若い女性にはOCやごく低用量のエストロゲンおよびプロゲスチン配合剤(low dose estrogen progestin; LEP)が有効だ」と述べ、日本の避妊の現状や、薬剤師の服薬指導の重要性および具体的な方法を解説した。

180624_adachi dr 0.jpg安達知子氏

【講演概要】

『性の健康―避妊とOC(Oral Contraceptives)の現状と薬剤師への期待―』
日時:2018年6月24日(日)11:30~12:40
会場:国際ファッションセンター(KFCビル)3階 KFC Hall・KFC Annex Hall
主催:一般社団法人日本女性薬剤師会

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
おすすめコンテンツ
増え続ける梅毒 妊婦感染の現状

増え続ける梅毒 妊婦感染の現状 New!

行ってきました
2018年07月12日

妊娠中の飲酒の影響、新GLに掲載

妊娠中の飲酒の影響、新GLに掲載

学会レポート
2017年05月01日

性感染症1ー梅毒

性感染症1ー梅毒

性感染症
2017年02月14日

性感染症2ークラミジア感染症

性感染症2ークラミジア感染症

性感染症
2017年02月14日

性感染症3ー薬剤師へのアドバイス

性感染症3ー薬剤師へのアドバイス

性感染症
2017年02月14日

妊産婦のくすりに関する不安は薬剤師に相談を

妊産婦のくすりに関する不安は薬剤師に相談を

薬剤・医療ニュース
2016年10月19日

妊娠中の梅毒感染率が明らかに

妊娠中の梅毒感染率が明らかに

薬剤・医療ニュース
2016年10月17日

トップに戻る