新規登録

まずはプライマリ・ケアの理念を確認

ハロー薬局薬局長 町田和敏

2018年07月26日 10:00

皆さんいかがお過ごしでしょうか。釜石の薬剤師、町田でございます。前回は、私が釜石に来た理由についてお話ししました

今回は、プライマリ・ケアとは何か、プライマリ・ケア認定薬剤師は何をするべきなのかについて、私の考えをお話しします。

私が考えるプライマリ・ケアのイメージは、

  • 継続的に患者さんと向き合う
  • 包括的かつ総合的な視点で患者さんと向き合う
  • 気付きを増やし繋ぐ意識を持って行動する

以上3点です。漠然としていますが、こんな所です。

IMG_3653_2.JPGプライマリ・ケア認定薬剤師の認定を取ったことを、
日ごろお世話になっている先生に報告しました!

薬を服用することが、患者さんの生活にどのような影響を与えるのか

では、一般的にプライマリ・ケアとはどんな理念なのか?日本プライマリ・ケア連合学会から引用して説明したいと思います。プライマリ・ケアには5つの理念があります。

  • 近接性(Accessibility)
  • 包括性(Comprehensiveness)
  • 協調性(Coordination)
  • 継続性(Continuity)
  • 責任性(Accountability)

日本プライマリ・ケア連合学会ホームページより

5つの要素にはそれぞれ細かい意味が存在します。学会ホームページより引用しますと、

近接性には、『地理的』『経済的』『時間的』『精神的』

包括性には、『予防から治療、リハビリテーションまで』『全人的医療』『Common diseaseを中心とした全科的医療』『小児から老人まで』

協調性には、『専門医との密接な関係』『チーム・メンバーとの協調』『Patient request approach(住民との協調)』『社会的医療資源の活用』

継続性には、『ゆりかごから墓場まで』『病気の時も健康な時も』『病気の時は外来-病棟-外来へと継続的に』

責任性には、『医療内容の監査システム』『生涯教育』『患者への十分な説明』

学会ホームページの説明は薬剤師向けではないですが、薬剤師の視点からも、なるほどと思う部分がたくさんあるのではないでしょうか。

地域の薬局で働いていると、さまざまな方が訪れます。薬剤師として、もちろん薬に着目したアプローチは必要です。ですが、患者さんの生活の中において、薬を服用することはほんの一部分に過ぎません。

だからこそ、薬を服用することが、患者さんの生活や人生にどのような影響を与えるのか考えていくことが、プライマリ・ケアにつながるのではないかと考えています。そして、それができる職種の1つが薬剤師だと思っています。

--------------------

とまぁ、いろいろと書きましたが、私もまだまだでして、頭の片隅に5つの理念を置きながら日々試行錯誤しております。

兎にも角にも、プライマリ・ケアを実践しようと考えるのではなく、目の前の患者さんに対して、どのように考えながらアプローチし続けるか、どのような筋道で行動すると患者さんのためになるのか、そんな思考が大切ではないでしょうか。

次回からは、私が経験した事例を紹介しながら、読者の皆さんと一緒に考えていければと思います。

【連載コンセプト】
私たち薬剤師は、その存在意義について、多くの国民から懐疑的な目で見られています。薬剤師の存在価値とは何なのか、そんなことを考えながら、日々実践している活動の数々を紹介していきます。

また、実際に私自身が経験した事例を紹介し、そのときに考えたことも述べていきます。そして、なるべく読者の皆さんと一緒に考える場所にしたいとの思いから、『皆さんならこの場面でどう考えますか?』と投げかけた上で、次の回に私の行動を紹介するという構成で展開するつもりです。

と、ここまでコンセプトを書きながら、とても陳腐な文章になってしまいそうな予感がしますが、「へぇ、こんなことを考えている薬剤師がいるんだ」くらいの軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。そして、読者の皆さんに何か少しでも感じていただければと思っています。

【プロフィール】

machidashi.jpg

大学入試4浪、国家試験1浪、と落ちこぼれ街道まっしぐら。昭和薬科大学へ入学し、サッカー部で自称監督として、七面鳥フォークソング部ではVocal&Bassとして、大学生活を謳歌する。卒業後、縁もゆかりもない釜石へ。浪人時代に思い描いた、ドイツに留学し、サッカーの指導者になる夢を叶えるため、保険薬局で働いて留学資金を貯めようと試み、有限会社中田薬局へ就職する。

東日本大震災を経験し、釜石でのさまざまな人々との出会いを経て、「この地域のために薬剤師として、人として、何ができるのか」と考え始めて今に至る。中田薬局・地域包括ケア担当者。ハロー薬局薬局長。ケアカフェかまいし支配人。有志の勉強会・釜石コンテント代表。

トップに戻る