新規登録

Q ステロイドやネオーラル内服液の服用で指導するポイントは?

2018年08月20日 10:30

「子供は小さな大人ではない」と表現されるように、特殊性の高い小児科領域。
小児科処方箋を日々応需する薬剤師が、小児科処方の解析、患児・保護者への対応について意見を交換していきます。
参加メンバーの思考・視点を参考に、小児薬物療法の知識を深めましょう!

CASE 10

4歳 ネフローゼ症候群の処方

4歳3カ月 男児 97cm 15.5kg

診断:頻回再発型ネフローゼ症候群

患者情報:

  • 3歳4カ月時に特発性ネフローゼ症候群と診断され、ステロイド治療を施行して寛解。しかし1年のうちに4回再発を繰り返し、頻回再発型ネフローゼ症候群と診断された
  • 近くの総合病院に入院後、ネオーラル®内用液を導入し、退院した
  • 本日、外来受診し、以下の薬剤が処方開始となった

処方内容

  • Rp. 1 プレドニゾロン散1% 16mg 分1 朝食後 隔日投与(偶数日に服用) 7日分
  • Rp. 2 ネオーラル®内用液10% 0.6mL 分2 朝夕食後 14日分
  • Rp. 3 アムロジピンOD錠2.5mg  2錠 分2 朝夕食後 14日分
  • Rp. 4 テプレノン細粒10% 50mg 分2 朝夕食後 14日分
  • Rp. 5 アルファロール®内用液 0.5μg/mL 0.5mL 分1 朝食後 14日分

[出題]
●さくらいひろみ/薬局 ●中山泰葉/昭和大学病院薬局 ●見崎知子/愛知医科大学病院薬剤部

[スーパーバイザー]

●冨家俊弥/医療法人同愛会小澤病院 薬剤部長 昭和大学薬学部病院薬剤学講座 兼任講師
●石川洋一/明治薬科大学薬学部 教授 (前)国立成育医療研究センター薬剤部長

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
食物アレルギーにおける不適切な除去が判明した場合、どこまで介入する?

食物アレルギーにおける不適切な除去が判明した場合、どこまで介入する?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  エピペンが処方された際の資料や工夫している説明は?

Q エピペンが処方された際の資料や工夫している説明は?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  Bちゃんのお母さん、本人に確認や指導することは?

Q Bちゃんのお母さん、本人に確認や指導することは?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  A君のお母さん、本人に確認や指導することは?

Q A君のお母さん、本人に確認や指導することは?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  Bちゃんのお母さんからの質問にどう答える?

Q Bちゃんのお母さんからの質問にどう答える?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  A君のお母さんからの質問にどう答える?

Q A君のお母さんからの質問にどう答える?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

Q  疑義照会する?

Q 疑義照会する?

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

症例提示~食物アレルギーに対するエピペン投与

症例提示~食物アレルギーに対するエピペン投与

処方箋から考える小児薬物療法
2018年08月31日

トップに戻る