新規登録

 米食品医薬品局(FDA)は8月16日、アナフィラキシーを含むアレルギー反応に対する緊急治療のためのエピネフリン(アドレナリン)自己注射薬(商品名EpiPen、EpiPen Jr)初のジェネリック版を承認したと発表した。今回承認されたのは、成人および体重33ポンド(約15kg)以上の小児を対象とした、エピネフリン0.3mg、0.15mgの2種類の自己注射薬である。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編 New!

行ってきました
2018年09月10日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編 New!

行ってきました
2018年09月10日

8月後半の押さえておきたい健康情報

8月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年09月03日

第13回 緊張の説明会

第13回 緊張の説明会

長崎県五島市・薬剤師奮戦記
2018年09月03日

小さな町の理想的な薬剤師のあり方

小さな町の理想的な薬剤師のあり方

カナダと日本での経験から薬剤師業務を考えてみた by青山慎平
2018年08月29日

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

薬剤・医療ニュース
2018年08月27日

海外製の美白クリーム剤で健康被害

海外製の美白クリーム剤で健康被害

薬剤・医療ニュース
2018年08月27日

トップに戻る