新規登録

海外製の美白クリーム剤で健康被害

2018年08月27日 15:30

 厚生労働省は8月22日、インターネットを介して個人輸入した美白目的の海外製クリーム剤の使用により健康被害(疑い)が発生したことを報告。当該製品を使用した女性は皮膚に大水疱を伴うアレルギー反応が生じたという。現在は軽快しているが、厚労省は、医薬品や化粧品などの安易な個人輸入や使用は避けるようあらためて注意を喚起している。(関連記事:「個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣」

実際の含有成分は不明

 今年(2018年)7月に、国内の20歳代の女性がインターネットを介した個人輸入により、医師の診断の下に使用するよう注意書きが表示されていた美白を目的とするクリーム剤を購入して使用したところ、当該製品を塗布した上腕などの皮膚に大水疱を伴うアレルギー反応が生じた(写真1)。女性は医療機関を受診し、現時点で適切な処置により軽快しているという。

写真1. 上腕のアレルギー反応

21601_ph2_cap.jpg

 女性が使用したのは「EUKROMA Cream」の名称でチューブに封入されたインド製のクリーム剤(写真2)。当該製品はハイドロキノンを4%含有すると表示されているが、実際に含有されている成分は不明。今回の事例の原因は明らかになっていないが、医師の診断によると、当該製品の使用に伴うアレルギー反応の可能性が高いとされている。

写真2. 当該クリーム剤の外観

21601_ph1_cap.jpg

(写真1、2とも厚生労働省発表資料)

 今回の事例のように、個人輸入される医薬品や化粧品はどんな物質が含有されているか明らかでない。厚労省では、これまでにも個人輸入による医薬品・化粧品などのリスクについて注意を喚起してきたが、医薬品や化粧品などを安易に個人輸入して使用しないよう、あらためて呼びかけている。

(Medical Tribune Webより転載)

コメント

コメントの投稿はDISQUSもしくは各種SNSアカウントでログインするで必要があります。DISQUSの登録方法について

似たようなコンテンツ
ACE阻害薬の使用で肺がんリスクが上昇

ACE阻害薬の使用で肺がんリスクが上昇 New!

薬剤・医療ニュース
2018年11月15日

糖尿病第二選択薬は2クラスが中心に

糖尿病第二選択薬は2クラスが中心に New!

薬剤・医療ニュース
2018年11月14日

BCGワクチンに規格値を超えるヒ素

BCGワクチンに規格値を超えるヒ素 New!

薬剤・医療ニュース
2018年11月13日

患者としてどう医薬分業を理解していくか

患者としてどう医薬分業を理解していくか

インタビュー
2018年11月02日

薬剤師が押さえておきたい10月後半の健康情報

薬剤師が押さえておきたい10月後半の健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年11月01日

患者が望むのは、連携が充実して相談しやすい医療

患者が望むのは、連携が充実して相談しやすい医療

インタビュー
2018年11月01日

アトピー治療薬の"うれしい"副作用?

アトピー治療薬の"うれしい"副作用?

薬剤・医療ニュース
2018年10月31日

明らかな適応のない患者のPPI、H2ブロッカーを中止せよ!

明らかな適応のない患者のPPI、H2ブロッカーを中止せよ!

ドクターズアイ
2018年10月31日

トップに戻る