新規登録

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

2018年08月27日 15:40

 厚生労働省は5月14日、インターネットを介して個人輸入したインド製の経口妊娠中絶薬により、健康被害を生じた事例があったと発表した。同省では経口妊娠中絶薬については製品を指定し、医師の処方に基づく場合を除いて個人輸入を制限している。今回の事例を受け、あらためて「医療機関を受診せず海外製経口妊娠中絶薬を使用することは大変危険である」と注意喚起している。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

医学部と他学部でHPVワクチンの認識に差

医学部と他学部でHPVワクチンの認識に差 New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

電子化はかかりつけ機能を果たすチャンス。患者さん目線の工夫を!

電子化はかかりつけ機能を果たすチャンス。患者さん目線の工夫を! New!

インタビュー
2018年09月11日

分娩直前の抗菌薬で赤ちゃんのビフィズス菌が減少

分娩直前の抗菌薬で赤ちゃんのビフィズス菌が減少

薬剤・医療ニュース
2018年09月05日

医薬分業は医療の当たり前の姿。存続を問うことに意義があるのか。

医薬分業は医療の当たり前の姿。存続を問うことに意義があるのか。

インタビュー
2018年09月04日

8月後半の押さえておきたい健康情報

8月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年09月03日

小さな町の理想的な薬剤師のあり方

小さな町の理想的な薬剤師のあり方

カナダと日本での経験から薬剤師業務を考えてみた by青山慎平
2018年08月29日

コンドームの包装デザインで性感染予防促す

コンドームの包装デザインで性感染予防促す

薬剤・医療ニュース
2018年08月28日

トップに戻る