新規登録

床屋で血圧は下がるのか?

慶應義塾大学循環器内科 香坂 俊

2018年08月29日 14:00

GettyImages-532413242.jpg
© Getty Images ※画像はイメージです

研究の背景:血圧のコントロールは悪くなっている?

  高血圧にはパラドックスが存在する。過去50年の間で高血圧の病態に対する理解は深まり、さらに処方できる薬剤も増えている。が、なぜか患者さんの数は年々増えており(!)、そして個々の患者さんの血圧のコントロールも悪くなっている(!!)。

  このパラドックスは、早期発見バイアスによって説明できるとする向きもあるが、米国での推計によると、高血圧患者のうち28%はそれと認識しておらず、認識していたとしても39%が治療を受けておらず、治療を受けていたとしても65%が140/90mmHg以下にコントロールできていない、などと報告されている(Hypertension 2008; 52: 818-827)。なので、単純に降圧薬の種類が増えたからといって高血圧の問題を解決できたと考えるのは(全くもって)早計であり、さまざまな方面から高血圧に対する対策は練り続ける必要があると考えられている。

血圧に対する認知度が上がったため、より早期に高血圧が見つかるようになったというもの

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
ACE阻害薬の使用で肺がんリスクが上昇

ACE阻害薬の使用で肺がんリスクが上昇 New!

薬剤・医療ニュース
2018年11月15日

医師の85%が高血圧治療に"困っている"

医師の85%が高血圧治療に"困っている"

薬剤・医療ニュース
2018年10月30日

発がん物質混入の降圧薬、がんリスクを発表

発がん物質混入の降圧薬、がんリスクを発表

薬剤・医療ニュース
2018年08月16日

動脈硬化学会がPCSK9阻害薬の使用に声明

動脈硬化学会がPCSK9阻害薬の使用に声明

薬剤・医療ニュース
2018年03月08日

高齢者のための高血圧診療GLを公表

高齢者のための高血圧診療GLを公表

薬剤・医療ニュース
2017年07月25日

降圧薬の3剤合剤、適正使用で指針

降圧薬の3剤合剤、適正使用で指針

薬剤・医療ニュース
2016年12月06日

次世代の降圧薬2-エンドセリン受容体拮抗薬

次世代の降圧薬2-エンドセリン受容体拮抗薬

学会レポート
2016年11月28日

トップに戻る