新規登録

COPDガイドラインの改訂で薬物療法に変化

2018年08月30日 15:55

「健康日本21(第二次)」において、慢性閉塞性肺疾患(COPD)はがん、循環器疾患、糖尿病と並んで対策を必要とする主要な生活習慣病として位置付けられている。しかし、2011年にGlobal Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease(GOLD)日本委員会が行った調査では、日本におけるCOPDの認知度はわずか25%であり、健康日本21では2022年における認知度を80%まで向上させることを目標としている。東北大学大学院呼吸器内科学分野教授の一ノ瀬正和氏は、日本ベーリンガーインゲルハイムが開催したメディアラウンドテーブルにおいて、2018年4月に改訂された「COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン 第5版」の改訂ポイントおよび国際共同試験における日本人データの特徴について解説した。

21574_face1.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
5月のアクセスランキング

5月のアクセスランキング

薬剤・医療ニュース
2018年06月04日

アスリートが飲んではいけない風邪薬はどれ?

アスリートが飲んではいけない風邪薬はどれ?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年05月31日

胃腸薬、アスリートが使えるものは?

胃腸薬、アスリートが使えるものは?

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年05月25日

67枚のカードで遊んで学ぶドーピング

67枚のカードで遊んで学ぶドーピング

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年05月22日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-3 ガイドライン改訂のポイント

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-3 ガイドライン改訂のポイント

高齢者糖尿病
2018年05月15日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-2 症例

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-2 症例

高齢者糖尿病
2018年05月15日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-1 特徴

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-1 特徴

連載・コラム
2018年05月15日

トップに戻る