新規登録

鎮咳薬「どんな咳止めがイイですか?」- 前編

医療法人社団徳仁会中野病院 青島周一

2018年08月31日 11:00

お昼の休憩時間の終わりが迫り、午後も気合いを入れていこうと、栄養ドリンクを飲んだ薬剤師のあなた。そこに、1週間ほど前にかぜ薬を購入した男性客が現れました。

『あのぅ、おかげさまで、かぜの症状はもうだいぶ良いのですが、咳だけが続いてしまって...。ちょっとつらいんです。どんな咳止めがイイですか?』

急性上気道炎における咽頭炎、鼻漏、咳嗽、倦怠感などのいわゆるかぜ症状は、1〜3日でピークに達し、自然経過にて治癒しうるものです。しかし、時に7〜10日ほど、場合によっては3週間ほど症状が持続することもあります1)。経験的にも、かぜをひいた後に咳嗽だけが残ってしまうケースはわりと多いように思います。

日本呼吸器学会の咳嗽に関するガイドライン第2版』2)では、咳嗽を『持続期間』と、『喀痰の有無』によって分類しています(図1)。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2
トップに戻る