新規登録

レビー小体型認知症GL、大幅改訂の中身

2018年08月31日 13:55

 大阪大学大学院行動神経学・神経精神医学寄附講座教授の森悦朗氏は、2017年に大幅改訂されたレビー小体型認知症(DLB)の国際臨床ガイドライン(Neurology 2017; 89: 88-100)について診断と治療のポイントを第33回日本老年精神医学会(6月29日~30日)で解説した。診断基準では、中核症状がレム睡眠行動異常症(RBD)を新たに加え4つとなり、指標的バイオマーカーがMIBG心筋シンチグラフィ、睡眠ポリグラフィを加え3つとなったことが大きな変更点。「これまでの診断基準では感度、特異度ともに約80%だったが、新基準では特異度を落とさずに感度が向上するものと期待されている」と強調した。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
飲まないと不安、無いと不安...

飲まないと不安、無いと不安...

まだまだつぼみだけど… 在宅専門薬局への道のり
2018年08月07日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-3 ガイドライン改訂のポイント

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-3 ガイドライン改訂のポイント

高齢者糖尿病
2018年05月15日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-2 症例

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-2 症例

高齢者糖尿病
2018年05月15日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-1 特徴

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-1 特徴

連載・コラム
2018年05月15日

「特に慎重な投与」に該当する薬剤はどれ?

「特に慎重な投与」に該当する薬剤はどれ?

薬剤・医療ニュース
2018年03月29日

「健康テレビ番組」先取り表(2/15~/19)

「健康テレビ番組」先取り表(2/15~/19)

薬剤・医療ニュース
2018年02月15日

勃起障害ガイドラインが6年ぶりに改訂

勃起障害ガイドラインが6年ぶりに改訂

薬剤・医療ニュース
2018年02月06日

トップに戻る