新規登録

若年双極性障害の薬物療法

治療前に正確な診断を

2018年09月03日 14:30

 わが国では児童・思春期(若年者)における双極性障害の薬物療法に関するエビデンスは極めて乏しく、海外のエビデンスを参考に治療を行う必要がある。しかし、海外のエビデンスにおいても各薬剤の有効性や安全性などで不明なことがまだ多い。近畿大学精神神経科准教授の辻井農亜氏は、若年者の双極性障害の特徴と薬物療法の現状について第15回日本うつ病学会(7月27〜28日)で報告。「効果判定と副作用モニタリングを慎重に行う必要がある。しかし、その前提として正確に双極性障害の診断を行うことが重要」と述べた。(関連記事:「妊婦の双極性障害、薬物中断で再発率高い」

21588_face.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

診療報酬改定 薬剤師に期待されていることとは・・・

診療報酬改定 薬剤師に期待されていることとは・・・

精神科診察室から薬剤師さんへ
2018年05月09日

宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

薬剤・医療ニュース
2017年09月04日

ベンゾジアゼピン問題 医師の意見は?

ベンゾジアゼピン問題 医師の意見は?

薬剤・医療ニュース
2017年06月08日

抗精神病薬のメタボ関連因子への影響

抗精神病薬のメタボ関連因子への影響

学会レポート
2017年05月23日

薬剤師よ、長い物に巻かれるなかれ

薬剤師よ、長い物に巻かれるなかれ

精神科診察室から薬剤師さんへ
2017年04月21日

【海外情報】遅発性ジスキネジアに初の治療薬、米で承認

【海外情報】遅発性ジスキネジアに初の治療薬、米で承認

薬剤・医療ニュース
2017年04月17日

トップに戻る