新規登録

分娩直前の抗菌薬で赤ちゃんのビフィズス菌が減少

その後のアレルギー疾患リスクが上昇?

2018年09月05日 15:15

 分娩直前の母体に対する抗菌薬投与が早期乳児での腸内細菌叢のビフィズス菌占有率を低下させることが順天堂大学などの研究で分かった。ビフィズス菌が少ない乳児ではアレルギー疾患の発症リスクが高くなる可能性が指摘されており、分娩直前の母体への抗菌薬投与がその原因となることが示唆される。しかし、分娩直前の抗菌薬投与は母子の安全を守るために必要であることから、こうしたケースではなんらかの介入方法の開発が望まれる。研究の詳細は、J Perinatol2018年7月24日オンライン版)に掲載された。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
8月後半の押さえておきたい健康情報

8月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年09月03日

コンドームの包装デザインで性感染予防促す

コンドームの包装デザインで性感染予防促す

薬剤・医療ニュース
2018年08月28日

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

薬剤・医療ニュース
2018年08月27日

薬剤師が女性の味方になるために ―ホルモンや避妊の正しい知識を身に付けよう―

薬剤師が女性の味方になるために ―ホルモンや避妊の正しい知識を身に付けよう―

行ってきました
2018年07月11日

90-90-90で日本のHIV感染は減るか?

90-90-90で日本のHIV感染は減るか?

ドクターズアイ
2018年07月04日

そこまでやるか!? 驚嘆のスタディ

そこまでやるか!? 驚嘆のスタディ

ドクターズアイ
2018年02月15日

小児科クリニックからのセフカペンピボキシルの処方

小児科クリニックからのセフカペンピボキシルの処方

抗菌薬の処方解析
2017年09月13日

トップに戻る