新規登録

飛び込んだその先で、新しい目標を見いだす―前編

私のターニングポイント vol.3 シドニー大学大学院薬学部博士課程後期 藤田健二さん

2018年09月06日 11:40

 患者にとっていい薬局とはどんな薬局なのか。それを実現するために、自分が果たすべき役割を模索している読者も多いのではないでしょうか。

 今回お話を伺うのは、シドニー大学大学院で薬局の質を評価するための指標"QI (Quality Indicator) "の開発・運用に関する研究をしている藤田健二さんです。創薬や薬局業務に携わった経験を生かし、薬局の価値を最大化するための挑戦をされています。

turning point3_1-1.jpg
シドニー大学大学院薬学部博士課程後期 藤田健二さん

【藤田健二さんプロフィール】

昭和薬科大学大学院で薬品化学の研究に取り組み、卒業後、製薬企業で新薬の探索研究に3年間従事。薬局チェーンに転職し、薬局薬剤師業務に3年間、社内外の学習支援・薬局研究のマネジメント業務に4年間携わる。2015年6月シドニー大学医学部臨床疫学修士課程修了。2016年3月から同大学大学院薬学部博士課程に在籍。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2
似たようなコンテンツ
飛び込んだその先で、新しい目標を見いだす―後編

飛び込んだその先で、新しい目標を見いだす―後編

インタビュー
2018年09月06日

【解説】治療方針に沿わない行動を口止めされたら?

【解説】治療方針に沿わない行動を口止めされたら?

薬剤師の判断力向上講座
2018年08月23日

「絶対に誰にも言わないで」

「絶対に誰にも言わないで」

薬剤師の判断力向上講座
2018年08月23日

ひとつの場所に留まらないという働き方

ひとつの場所に留まらないという働き方

インタビュー
2018年08月16日

「薬剤師は何もしてくれない」

「薬剤師は何もしてくれない」

薬剤師の判断力向上講座
2018年07月25日

【解説】薬剤師に不満を持つ患者への対応

【解説】薬剤師に不満を持つ患者への対応

薬剤師の判断力向上講座
2018年07月25日

まずやってみる、それが次のチャンスを生む

まずやってみる、それが次のチャンスを生む

インタビュー
2018年07月19日

トップに戻る