新規登録

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

地域フォーミュラリー実施に向けた現状と課題

2018年09月10日 15:50

 フォーミュラリーとは、有効性、安全性、経済性などの観点から患者に対して選択されるべき医薬品を定めたリストと使用指針のことである。これを地域医療に適用する「地域フォーミュラリー」についてのシンポジウムが2018年8月4日、東京大学の伊藤謝恩ホールで開催された。

◎この記事のポイント

  • ■地域フォーミュラリーに関する現状や、課題、必要性について、医師の栗谷義樹氏、前・厚生労働省医政局長の武田俊彦氏が講演を行った

  • ■山形県の酒田・鶴岡地区では、ID-Linkを利用した「ちょうかいネット」が稼動。地域の医療連携に活用するべく、登録患者の診療記録が開示されている

  • ■高齢化と過疎化が進む同地区は、地域包括ケアをさらに進め、効率的に医療資源を利用して医療提供体制を確保する。その1つに地域フォーミュラリーが挙げられている

  • ■医薬分業の観点から見ても、薬物療法の費用対効果が改善され、患者アウトカムが向上すれば、薬剤師の役割りに説得力が増す

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2
似たようなコンテンツ
子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

電子化はかかりつけ機能を果たすチャンス。患者さん目線の工夫を!

電子化はかかりつけ機能を果たすチャンス。患者さん目線の工夫を! New!

インタビュー
2018年09月11日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編 New!

行ってきました
2018年09月10日

化学療法中の発熱には要注意!

化学療法中の発熱には要注意! New!

迷走奔走外来ケモ奮闘記
2018年09月07日

医薬分業は医療の当たり前の姿。存続を問うことに意義があるのか。

医薬分業は医療の当たり前の姿。存続を問うことに意義があるのか。

インタビュー
2018年09月04日

第13回 緊張の説明会

第13回 緊張の説明会

長崎県五島市・薬剤師奮戦記
2018年09月03日

がん患者の「すがりたい気持ち」をどう受け止める?

がん患者の「すがりたい気持ち」をどう受け止める?

迷走奔走外来ケモ奮闘記
2018年08月24日

トップに戻る