新規登録
子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

 米国の小児期・思春期における薬剤使用の実態は明らかでなく、米・University of Illinois at Chicago准教授のDima M. Qato氏らは2万例を超える規模の調査に乗り出した。その結果、小児期・思春期の約12人に1人は併用による薬物相互作用のリスクがあると判明、Pediatrics (2018; 142: e20181042)に報告した。同国では、薬剤による有害事象が小児期および青年期の死因の1つとなっているが、併用療法に関する最新情報の不足が改善されれば薬剤を安全に使用することができるという。

この記事のポイント

  • 対象はNHANESに登録された患児
  • 薬物相互作用は医薬品情報データベースMicromedexで特定
  • 急性期の処方では特に抗菌薬が減少
  • 156の薬剤に「薬物相互作用の可能性あり」
  • データベース上、薬物相互作用として「自殺」が把握されていない

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
PD患者のサプリ摂取、RCTでリハビリ効果検証

PD患者のサプリ摂取、RCTでリハビリ効果検証 New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月13日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編 New!

行ってきました
2018年09月10日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編 New!

行ってきました
2018年09月10日

フェブキソスタットはアロプリノールに非劣性

フェブキソスタットはアロプリノールに非劣性

薬剤・医療ニュース
2018年09月07日

「地域を支える薬剤師」第1歩は学校薬剤師から!

「地域を支える薬剤師」第1歩は学校薬剤師から!

スポーツファーマシスト奔走記
2018年09月06日

若年双極性障害の薬物療法

若年双極性障害の薬物療法

薬剤・医療ニュース
2018年09月03日

第13回 緊張の説明会

第13回 緊張の説明会

長崎県五島市・薬剤師奮戦記
2018年09月03日

トップに戻る