新規登録

医療職の免許には継続的な質の担保が必要!

シリーズ ◆ 医薬分業は限界なのか? 亀井美和子氏インタビュー【3】

2018年09月11日 10:15

 先般、厚労省で行われた部会の配布資料に「患者が医薬分業の利益を実感できていない」という一節がみられ、日本医師会から「医薬分業を進めたことが本当によかったのか」、患者側から「医薬分業は瀬戸際にきているのではないか」といった指摘も上がった。

 医薬分業は定着したのではなかったか。その意義を未だに問い続けなければならないのはなぜか。

 日本大学薬学部教授の亀井美和子氏は、今後の制度改革において、電子化、リフィル制度の導入を期待する。これまでのインタビューでは「職能団体である日本薬剤師会は、将来のビジョンを示しながら、薬剤師をエンパワメントしていくべき」と語った。(関連記事:電子化はかかりつけ機能を果たすチャンス。患者さん目線の工夫を!)今回は、今後の医薬分業制度はどうなるか、そこで薬剤師はどのようなことが求められるかを聞いた。

IMG_7827.JPG

日本大学薬学部 亀井 美和子 氏

―将来のビジョンですね…。医薬分業はこの先どのように進んでいくのでしょうか?

亀井 薬局がこれだけ増えたからには、活用していく方法を考えていくべきです。そこには薬の専門家が必ずいるのです。プロトコルなどを活用し、医師の統括的な管理のもとに、投薬後のサポートなどに薬剤師が関わっていく仕組みを確立し、通院や在宅でも薬物療法を適正に継続するために最大限に薬局を活用してほしいです。 

 薬物療法の大半を占める外来治療では、自己管理が必須になります。ここに薬剤師が関わっていくメリットは大きいと思うのです。不適正な治療への介入や、医療費削減への貢献もあるでしょう。そういうエビデンスをたくさん作っていきたいです。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2 3
トップに戻る