新規登録

単回投与でインフル罹病期間が短縮、AもBも

新規抗インフル薬バロキサビルの第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験CAPSTONE-1

2018年09月18日 14:10

ベッドで熱を測る女性GettyImages-884062668.jpg

(c)Getty Images ※画像はイメージです

 新規抗インフルエンザウイルス薬バロキサビルマルボキシル(以下、バロキサビル)の単回経口投与でA型またはB型インフルエンザ感染症の罹患期間が短縮する。合併症のないA型またはB型インフルエンザ感染症患者を対象とした第Ⅱ相/第Ⅲ相多施設共同二重盲検ランダム化比較試験CAPSTONE-1の結果を、米・University of VirginiaのFrederick G. Hayden氏らがN Engl J Med2018; 379: 913-923)に報告した。同薬は日本では成人および12歳以上の小児のA型およびB型インフルエンザを適応症として2018年2月に製造販売承認を取得、3月から販売されている。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
インフルエンザ治療に革命は起きるか?

インフルエンザ治療に革命は起きるか?

ドクターズアイ
2018年10月10日

インフルワクチン、13歳以上は「1回注射」

インフルワクチン、13歳以上は「1回注射」

薬剤・医療ニュース
2018年09月18日

インフルエンザ過去最高記録を更新

インフルエンザ過去最高記録を更新

薬剤・医療ニュース
2018年02月05日

米小児のインフル関連死101例

米小児のインフル関連死101例

薬剤・医療ニュース
2017年08月02日

感染症対策 Vol.2 インフルエンザの患者対応と服薬指導編

感染症対策 Vol.2 インフルエンザの患者対応と服薬指導編

わたしたちの○○対策!
2016年12月09日

感染症対策 Vol.1 ドライブスルー調剤と感染症窓口編

感染症対策 Vol.1 ドライブスルー調剤と感染症窓口編

わたしたちの○○対策!
2016年12月09日

インフルエンザに負けないためには...

インフルエンザに負けないためには...

小児科から薬剤師さんへ
2016年12月09日

トップに戻る