新規登録

薬剤師必読!最新論文解説/流行するグルテンフリー食の失墜

糖尿病リスクが増大

2018年09月20日 11:40

北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟

研究の背景:グルテンフリー食が世界的に大流行

 グルテンフリー食なる健康法(痩身法)が世界的に大流行している。この食事法は、その名のごとく小麦などの麦類に含まれる蛋白質の一種であるグルテンを避けるというもので、本来はグルテンに対するアレルギーのため、下痢などの症状を生じるセリアック病に対する治療食である。

 しかし、有名テニスプレーヤーのジョコビッチ選手がこの食事法でパフォーマンスが向上したと話題になったり、一部の芸能人がこの食事法で体重減量に成功したと述べたりしたことで、欧米ではグルテンフリー食は健康法(痩身法)であるとの認識が広まったのである。

 日本でもグルテンフリー食をうたう商品がスーパーマーケットでも普通に売られるようになった。しかし、日本においてはセリアック病の頻度は極めて低く(J Gastroenterol 2014; 49:825-834)、グルテンフリー食でなんらかのメリットを得られる可能性は低いのではないかと個人的に思っていた(なお、日本人における小麦アレルギーとして小麦依存性運動誘発アナフィラキシーが有名であるが、その抗原であるグリアジンやグルテニンが結合したものがグルテンである)。

 このたび、一般集団にとってグルテンフリー食はメリットが得られないどころか、かえって糖尿病のリスクが高まるのではないかとする論文が欧州糖尿病学会の機関誌Diabetologia2018年8月3日オンライン版)に掲載された。いわゆるファド・ダイエットの好例として、警鐘の意味も込めてご紹介したい。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
エゼチミブ、PCSK9阻害薬の追加指針示す

エゼチミブ、PCSK9阻害薬の追加指針示す New!

薬・医療ニュース
2018年12月07日

薬剤師必読!最新論文解説/またしてもDPP-4阻害薬・・・安心なことも

薬剤師必読!最新論文解説/またしてもDPP-4阻害薬・・・安心なことも New!

【医師による最新論文解説】ドクターズアイ
2018年12月06日

自前のエビデンスが医薬分業を変え、臨床業務を拡大する!

自前のエビデンスが医薬分業を変え、臨床業務を拡大する!

ワークショップレポート
2018年12月04日

2030年までに世界のインスリン使用量20%増

2030年までに世界のインスリン使用量20%増

薬・医療ニュース
2018年11月28日

歯周病による生活習慣病のエビデンス続々

歯周病による生活習慣病のエビデンス続々

薬・医療ニュース
2018年11月27日

20年ぶりの新規爪白癬治療薬どう使う?

20年ぶりの新規爪白癬治療薬どう使う?

薬・医療ニュース
2018年11月27日

薬局発のエビデンス、その世界水準とは?

薬局発のエビデンス、その世界水準とは?

ワークショップレポート
2018年11月27日

薬局にとって「困った人」でも、地域に暮らす人

薬局にとって「困った人」でも、地域に暮らす人

【薬剤師コラム】在宅専門から街角相談薬局への道のり
2018年11月26日

トップに戻る