新規登録

小児ADHD、国内初の処方実態調査

処方率低い日本

2018年09月26日 11:30

ADHD_GettyImages-584597046.jpg

(c)Getty Images ※画像はイメージです

 近年、成人患者の存在も知られるようになってきた注意欠陥多動性障害(ADHD)だが、これまでは長年にわたり小児の神経・精神学領域で注目を集めてきた。東京都医学総合研究所精神行動医学研究分野心の健康プロジェクト主席研究員の奥村泰之氏らは、国内で初めて児童・思春期ADHDに対する治療薬の処方率を調べ、結果をEpidemiol Psychiatr Sci(2018年5月28日オンライン版)に発表した。「米国などの諸外国と比べて処方率が低かった。処方制限があるためではないか」と述べている。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
学生アスリートはこうやって支える!

学生アスリートはこうやって支える!

スポーツファーマシスト奔走記
2018年10月11日

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

薬剤・医療ニュース
2018年10月10日

ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

薬剤・医療ニュース
2018年10月10日

インフルエンザ治療に革命は起きるか?

インフルエンザ治療に革命は起きるか?

ドクターズアイ
2018年10月10日

セルフメディケーションが怖いアスリートたち

セルフメディケーションが怖いアスリートたち

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年10月04日

9月後半の押さえておきたい健康情報

9月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年10月03日

9月前半の押さえておきたい健康情報

9月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年09月19日

トップに戻る