新規登録

門前の薬剤師、総合病院薬剤部にふらっと行く

アツい薬局をつくったる!#12 神田佳典 絵・ぺお

2018年10月02日 08:00

 まいど! けいしゅけ(@keisyukeblog)です。

 僕は総合病院前の薬局で管理薬剤師をしてるんやけど、ときどき病院薬剤部に行くねん。何しに行くかっていうと...しゃべりに行くんです。

 もちろん、薬剤部を訪れる際にはトレーシングレポートを持参するなど、"薬剤部に行く大義名分がある"ようにしてるで。けれども、目的は「おしゃべりしに行く」ことやねん。

 今回のコラムでは、なぜしゃべりに行く必要が生じたか、その結果、どんな感じになったかをお伝えしようと思います。

876320_fire.jpgFAXだけで疑義照会、ちょーーーー誤解おきるやん?

 なんで薬剤部に足を運ぶ必要があるのん?別に電話でもええんちゃうん??と思われるかもしれません。そやけど、僕はあえて対面で話をすることにこだわってん。

 それはね、とある背景からやねん。僕の勤務先では病院に疑義照会をする場合、連絡方法はFAXとすることと決まってるんよ。流れとしては次のような手順や。

  • ① 薬局から疑義照会のFAXを送る
  • ②薬剤部の先生がドクターに疑義内容の確認を行う
  • ③ドクターからの返答を薬剤部から薬局に戻す

こんな感じですわ。病院前の薬局としては、割とオーソドックスな方法やと思う。

 ただね、このシステムやと医師はおろか、薬剤部の先生と電話で話すことすらほとんどない状況になるねん。そやから、お互いの顔なんて全く知らへんわけですわ。

 たった1回のFAXのやり取りで疑問を解消する...ねぇ、これってムッチャ難しいと思わへん?

 親しい友人や家族とスマホでLINEのやり取りをする時ですら、「それってどういう意味?」って聞き返す時があるのに、顔すら知らない薬剤部の先生を挟んでドクターに質問して回答を得るねんで?

 これね...ちょーーーー誤解おきるやん!?って僕は思うんです。当然、複数回のFAXのやり取りになることがあります。

 実際問題、ちょいちょい疑義照会のFAX履歴を見ると、コチラからの質問が言葉足らずすぎて、何を聞きたいのか明確でないことがあります。相手からの返答も言葉足らずだったり、聞いていることの回答になってないこともしばしば。それでいて、FAXのやり取り1ターンで15分くらいの時間がかかるわけです。

 待たされている患者さんはイライラ。僕たちはヤキモキ。薬剤部の先生も忙しい中での疑義照会の対応にキリキリ。

 う〜ん、こんなこと繰り返したら誰も彼もがしんどいわ。ひとまず自分にできることをやろう!そう思て僕がやり始めたんが、何かしらの理由があれば薬剤部に顔を出して直接しゃべる作戦なのでした。

876320_fire.jpgのサムネイル画像あれってそういう意味やったんですか!?

takochukegimon_150.png先生、薬剤部の先生と話をしたら何かいいことあるんでちゅか??

keisyuke_magao_150.pngうん♬ やっぱなぁ、顔を合わせて話をするってエエなぁって思たよ。やりとりがかみ合わなかった疑義照会のFAXを持って行って話をしたら、薬剤部の先生から言われたもんね。

「あれってそういう意味やったんですか!?こちらとしては、◯◯って意味で捉えてました!!なんかすいません」

ってさ。やっぱりお互いに相手の真意が理解できてへんかったことがハッキリわかったもんね。ほんで、それがわかってお互いに笑うみたいなw

 これまで紙面が行き交うだけで、僕と薬剤部のA先生のやりとりっちゅう感じやなしに文書と文書って感じで、お互いに読む相手がおることを意識してなかったことに気付かされたんよ。

 どこの薬局と病院薬剤師さんの間でも成立する話とは言えないのは承知やねんけども、このケースってオモロイなぁと個人的に強く感じましたわ。

876320_fire.jpgのサムネイル画像会ってしゃべると"伝わりやすい疑義照会"が見えてくる

 やっぱり相手が顔も声も知っている「人」と思えたとたんに、疑義照会の文書を書く際に「あの先生に伝わるように書こう!」とか「あの先生が書いてきた文書やから、こういう意味やと思う。まぁ明確じゃないところは申し訳ないけどもう1回確認やね」みたいに思えるようになるんです。

 結果的に、少ないFAXのやりとりでQ&Aが成立。疑義照会、無事完了!となることが増えたように思います。ちなみに、顔を知った相手となったことで、ちょっとした返答の意図を聞くのは電話でできるようにもなりました。もちろん、先方からも電話で意図を確認してもらえたりもします。

 たとえ門前が総合病院やったとしても、ふらっと話をしに行くって、アツいと思いませんか??

【コラムコンセプト】

けいしゅけが仲間たちとつくる理想の薬局!そこに待ち受けるさまざまな困難とは?困難に真っ向から対峙しさらなるアツさをたぎらせるけいしゅけが繰り出す必殺技の数々、震えて待て!

【神田佳典氏プロフィール】

keisyuke_prof_white.jpg総合病院前の調剤薬局で薬局長として働く薬剤師。2度の心臓手術を乗り越えて与えてもらった人生。誰かのためにその時間をアツく生きると決めました。薬剤師として誰かの役に立つにはどうしたらいいのだろう?そこで出会ったのがEBMであり、所属しているAHEADMAPでした。Passion×EBM×仲間が生み出すエネルギーを武器に、アツい調剤薬局をつくると日々奮闘中です!

ブログ:けいしゅけのブログ薬局

Twitter:@keisyukeblog

似たようなコンテンツ
自己満プチイベントを開催して笑顔をつくったる!

自己満プチイベントを開催して笑顔をつくったる! New!

【コラム】アツい薬局をつくったる
2018年12月11日

薬局のセールスポイントは〇〇に決めた!

薬局のセールスポイントは〇〇に決めた! New!

コラム
2018年12月10日

調剤薬局の新店舗立ち上げの準備にかかわって感じたこと

調剤薬局の新店舗立ち上げの準備にかかわって感じたこと

【コラム】アツい薬局をつくったる
2018年12月04日

薬剤師が押さえておきたい健康トピックス(2018年11月後半)

薬剤師が押さえておきたい健康トピックス(2018年11月後半)

【児島悠史氏】薬剤師が注目する健康トピックス
2018年12月03日

自分一人で会社をつくれたなんてビックリ!

自分一人で会社をつくれたなんてビックリ!

コラム
2018年11月13日

調剤薬局×なにか?を想像して創造したい!

調剤薬局×なにか?を想像して創造したい!

【コラム】アツい薬局をつくったる
2018年11月06日

災害時に「かかりつけ薬剤師」として処方内容をバックアップできるか?

災害時に「かかりつけ薬剤師」として処方内容をバックアップできるか?

【コラム】アツい薬局をつくったる
2018年10月24日

ひとり薬剤師で24時間体制では自分も病気になれませんよね?

ひとり薬剤師で24時間体制では自分も病気になれませんよね?

【薬剤師コラム】在宅専門薬局活動記
2018年10月15日

トップに戻る