新規登録

紛れやすい成人期ADHDの捉え方

鑑別、治療を成功に導く方法とは

2018年10月02日 11:30

紛れやすい成人期ADHDの捉え方

 従来、小児を中心に診断されると考えられていた注意欠陥多動性障害(ADHD)。近年、成人でも多く確認されるようになり、その適切な診療を求めるニーズが高まっている。だが、非専門医にとっては縁遠い疾患であり、アプローチに二の足を踏んでしまうことも多い。成人期ADHDの診療を専門とする昭和大学精神医学講座主任教授の岩波明氏に、他の精神疾患と鑑別するこつや望ましい治療法について解説してもらった。

1809003_wef_pho1.jpg

この記事のポイント

  • ・就労環境の変化などで成人期ADHDが顕在化
  • ・患者および家族などから小児期~現在の問題などを聞く
  • ・衝動性が多数の併存疾患を引き起こす可能性も
  • ・即効性や効果持続時間などを勘案し薬剤選択
  • ・"患者同士"ならではの効果が得られるグループ療法
  • ・まずはピュアなADHD症例に挑戦を

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
薬剤師が押さえておきたい10月前半の健康情報

薬剤師が押さえておきたい10月前半の健康情報 New!

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年10月18日

9月後半の押さえておきたい健康情報

9月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年10月03日

アトピー治療を"見える化"するアプリ『アトピヨ』とは?

アトピー治療を"見える化"するアプリ『アトピヨ』とは?

インタビュー
2018年10月01日

9月前半の押さえておきたい健康情報

9月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年09月19日

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

フェブキソスタットはアロプリノールに非劣性

フェブキソスタットはアロプリノールに非劣性

薬剤・医療ニュース
2018年09月07日

フェブキソスタットに腎イベント抑制効果

フェブキソスタットに腎イベント抑制効果

薬剤・医療ニュース
2018年09月07日

トップに戻る