新規登録

セルフメディケーションが怖いアスリートたち

スポーツファーマシストの活躍を探る!Vol.1 中島 理恵氏(日本大学薬学部)

2018年10月04日 10:00

 スポーツファーマシストの活動は、トップアスリートに対するアンチ・ドーピング活動に限らない。トップアスリートに準じる各競技の上位クラスのアスリートはもちろん、部活動などでスポーツを行うジュニア選手に対するアンチ・ドーピングの教育も重要である。健全なスポーツを目指すためにアンチ・ドーピングをどのように教育していけばよいのか、日本大学薬学部の中島理恵氏に、研究者、そして教育者の立場からお話を伺った。

nakajima_rie_0.jpg 中島理恵氏(日本大学薬学部

アスリートはセルフメディケーションが怖い

ーー中島先生は、「製薬会社と薬剤師によるアスリートへのセルフメディケーション支援強化に向けた研究」を行われているそうですね。なぜ、このテーマを掲げられたのでしょうか。

中島 私はスポーツファーマシストでもあるのですが、その活動の中で、アスリートにとってセルフメディケーションのハードルは、高いのではないか」という仮説が浮かびました。

 アスリートは多忙で受診の時間はなかなか取れないといいます。一般の人であれば、ドラッグストアで自分の症状に合った薬を選んで購入できますが、アスリートは飲める薬が限定されています。医師に処方され、薬剤師に調剤された薬ですら「怖い」というのに、自己責任で服薬するリスクは取れません。結果として、痛みや症状によるつらさを我慢してしまうアスリートが多いのです。スポーツファーマシストに相談をしてくれればいいのですが、全ての病院・薬局に在籍しているわけではなく、そもそもスポーツファーマシストの存在自体がなかなか知られていないのが現状です。

 また、スポーツファーマシストが個人として対応できることには限界があります。では、この問題に対して研究者として関われないか、と考えたことが研究の起点にあります。

――研究内容を教えてください。

中島 地方大会経験者からオリンピックレベルの大会経験者まで、幅広いレベルのアスリートを対象にアンケートを取りました。また、スポーツドクター、公認スポーツ栄養士、監督、コーチ、顧問といった関係者にインタビューを行いました。その結果、アスリートのレベルによって、ドーピングに対する意識が異なるという実態が明らかになりました。

 トップアスリートは競技団体でアンチ・ドーピングに関する教育を十分に受けています。問題は、その一歩手前にいるような若手のアスリート、もう少しで国体に手が届くレベルの選手といった全国の強豪校に在籍する生徒や学生たちです。こうした方々は、急に記録が伸びて、突然ドーピング検査の対象になる場合があり、準備不足で戸惑うことがあります。このレベルのアスリートに対するドーピング教育が行き届いていないということが分かりました。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2
似たようなコンテンツ
成長するなら離島じゃない?―vol.2

成長するなら離島じゃない?―vol.2 New!

インタビュー
2018年10月18日

薬剤師が押さえておきたい10月前半の健康情報

薬剤師が押さえておきたい10月前半の健康情報 New!

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年10月18日

医師が受け入れたくなる処方提案―薬剤師の力を生かす伝え方とは?

医師が受け入れたくなる処方提案―薬剤師の力を生かす伝え方とは? New!

行ってきました
2018年10月17日

仕事を楽しんでいる薬剤師が行っていることとは?

仕事を楽しんでいる薬剤師が行っていることとは? New!

カナダと日本での経験から薬剤師業務を考えてみた by青山慎平
2018年10月17日

抗がん剤初期のしゃっくりを訴える患者さんに...

抗がん剤初期のしゃっくりを訴える患者さんに... New!

迷走奔走外来ケモ奮闘記
2018年10月15日

日本大学のスケールメリットを生かしたアンチ・ドーピング研究

日本大学のスケールメリットを生かしたアンチ・ドーピング研究

アスリートを支える薬剤師になろう
2018年10月12日

学生アスリートはこうやって支える!

学生アスリートはこうやって支える!

スポーツファーマシスト奔走記
2018年10月11日

【解説】渡したはずの薬剤を「不足している」と患者が訴えたとき、どうするか?

【解説】渡したはずの薬剤を「不足している」と患者が訴えたとき、どうするか?

薬剤師の判断力向上講座
2018年10月05日

トップに戻る