新規登録

病院薬剤師との連携に失敗。反省した僕が行った1つの提案

2018年10月05日 17:30

病院薬剤師との連携に失敗。反省した僕が行った1つの提案

協力 ◎ 福井繁雄

このシリーズは、

byouin ICON.png薬局での外来ケモ対応に関する病院とのやり取り
患者 アイコン.png薬局でのがん患者さんへの対応の2本立てでお届けします。

 


主な登場人物:ぼく(薬局薬剤師)、南さん(病院薬剤師)、汐見くん(薬局の後輩)と患者さん

byouin ICON.png病院薬剤師との連携に失敗。反省した僕が行った1つの提案

ある日の午前。患者さんの波が薬局に押し寄せる中、後輩の汐見くんから言付けがあった。

汐見くん:渡辺さんがさっき来て、「今朝お薬飲んでない」って言ってたんですよ。ちょっとまずくないですか?病院に伝えておいた方がいいと思うんですけど。

僕:飲んでないのはマズイな〜。南さんに電話しておくね。

とりあえず応えて、目の前の患者さん対応に戻った。

 

渡辺さんは、60代の男性。胃がんの術後化学療法中で、ティーエスワン®を飲んでいる。今朝、薬を飲んでないって言ってたな...。飲んでないのはティーエスワン®?だったらマズイぞ...。

夜、やっと患者さんがまばらになり、渡辺さんのことを思い返して気づいた。汐見くんはすでに帰宅している。汐見くんに詳しく聞いとけばよかった...。でも、渡辺さんが間違ってティーエスワン®を飲んでいなかったとしたら大問題だ。状況がいまいち把握できてないけど、病院薬剤部の南さんに報告しておこう...。

僕:渡辺さんの服薬指導をした薬局のスタッフから、服薬方法を誤解しているかもしれないと報告を受けています。お薬を今朝飲んでないって言ってたそうです。渡辺さんがきちんと服薬できているかこちらでも確認してみますが、病院薬剤部でも確認していただけますか?

南さん:薬について誤解されているんですね。わかりました。聞いてみます。

b_ornament_13_0S.png

 

それから5日後。南さんから電話が入った。

南さん:渡辺さんの件ですが、薬について誤解はしてませんでしたよ!ティーエスワン®は抗がん剤、ロキソニン®は鎮痛薬、オメプラール®は胃腸薬だと、きちんと理解されていました。ティーエスワン®もロキソニン®もきちんと1日2回服薬されていました。・・・いうより、オメプラール®がきちんと飲めてなかったことが分かりました。1日1回のところを、2回服用していたようです。福井さんから最初に問い合わせを頂いたときには、この問題はわかっていませんでしたよね?福井さんも、薬局内のスタッフの方も問題点を具体的に把握して、きちんと伝えるようにしてくださいっ!

僕:すっ、すみません!以後、十分気をつけるようにします...。

南さんの語気に圧倒された僕はただただ小さくなるばかり。

問題点を把握してきちんと伝える...。薬剤師、いや社会人としてきほんの"き"じゃないか...。基本的なことができていない薬剤師歴十数年の僕...。怒られたことに加えて、自己嫌悪でさらにへこんでしまった。

しかし、いつまでもへこんでいても仕方がない。とりあえず、渡辺さんの薬歴を見てみると、薬局に来た日は、ティーエスワン®は休薬中。オメプラール®を1日2回飲んでしまったのは、ロキソニン®とティーエスワン®が1日2回だからだと推測できた。

PT26_p62_63_外来ケモ0818.jpg

南さんに電話をかける前に薬歴を確認しておけば、もう少し違った対応ができたかもしれない...。病院の薬剤部とお近づきになったからと言って、気軽に中途半端な情報を流しても面倒をかけるだけ、いや、それより、怒られるだけだということが骨身にしみてわかった。

翌日、汐見くんに確認してみた。渡辺さんは、処方せんを持って薬局に来た日の朝の服用分を紛失してしまい、服用できていないと話していたそうだ。ということは、ティーエスワン®は休薬中だから、オメプラール®とロキソニン®を飲んでいなかったということになる。南さんの話と合わせると、オメプラール®は飲みきってしまっているはずだから、ロキソニン®だけ飲んでいなかったんだろう。

汐見くんは申し訳なさそうにしながら「福井さんにそう伝えたつもりでしたが...」と言っていた。

患者対応中であったことを理由に汐見くんの言付けの内容を忘れ、半端な情報を南さんに流し、その結果怒られた...。全て身から出たサビだ。

今回はオメプラール®だったが、今後は抗がん剤を飲み間違える患者さんもいるかもしれない。ティーエスワン®は基本的に一包化すべきではないが、南さんにも相談に乗ってもらい、一包化することにした。南さんは、起きた問題に対して迅速に対応したことを評価してくれた。少しは挽回できたかな。一つひとつ病院と話し合いながら、患者さんのために改善していく。日々、研鑽だ!!

PT26_p62_63_外来ケモ_08182.jpg

【福井繁雄氏プロフィール】

薬学部卒業後、透析、CKD、ガン専門の薬局に13年勤務し、現在は在宅医療に関わっている。学生時代から行ってきた家族(特に祖母)のお薬管理を通じて、残薬管理に疑問を持ったことが、在宅医療に関わるようになった理由。これまでの経験を他の薬剤師にも生かしてもらいたいと、全国での研修会を月一回、行っている。自身は、生後3週間でアトピー性皮膚炎を発症し、リバウンドも経験。アトピー罹患者としての講演も行っている。

【研修会】

日本薬剤師研修センター認定の研修を月1回開催しています。
開催スケジュール:日本薬剤師研修センター受講シール2単位取得研修会(LIFE HAPPY WELL)


アンケート用紙のアイコン素材 (1).png

難しいがんの専門用語を学んでみよう→【いまさら聞けないがん治療関連用語】

似たようなコンテンツ
超デリケートな患者さんに必ず伝えたいことは?

超デリケートな患者さんに必ず伝えたいことは?

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年11月30日

倍量の抗がん剤を渡してしまった......基本を忘れるとミスが起きる

倍量の抗がん剤を渡してしまった......基本を忘れるとミスが起きる

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年11月09日

「服薬指導力がないってことでしょ」薬局長のツッコミにリベンジ!

「服薬指導力がないってことでしょ」薬局長のツッコミにリベンジ!

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年11月02日

人は見かけによる!?ーー記憶に残る紳士風の患者さん

人は見かけによる!?ーー記憶に残る紳士風の患者さん

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年10月26日

調剤薬局で苦しそうに待つ患者さん、薬剤師はどう対応できる?

調剤薬局で苦しそうに待つ患者さん、薬剤師はどう対応できる?

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年10月19日

抗がん剤初期のしゃっくりを訴える患者さんに...

抗がん剤初期のしゃっくりを訴える患者さんに...

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年10月15日

「便と一緒に出てきた!」

「便と一緒に出てきた!」

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年09月28日

トップに戻る