新規登録

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

デンマーク・前向きコホート研究

2018年10月10日 11:30

薬を飲む若い女性GettyImages-700253064.jpg

(c)Getty Images ※画像はイメージです

 以前から経口避妊薬と卵巣がんリスクの低下を関連付ける報告はあったが、現在広く使用されている低用量エストロゲンと新しいタイプのプロゲストーゲンが配合された経口避妊薬についても、長期的な卵巣がんリスクの低減効果が期待できることが明らかになった。英・University of Aberdeen のLisa Iversen氏らがデンマークの国民データベースを用いて実施した大規模前向きコホート研究で、ホルモン剤が含まれる避妊薬の使用によって生殖年齢の女性の卵巣がんを21%予防できると推定されたという。詳細はBMJ2018; 362: k3609)に発表された。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

薬剤・医療ニュース
2018年10月10日

インフルエンザ治療に革命は起きるか?

インフルエンザ治療に革命は起きるか?

ドクターズアイ
2018年10月10日

9月後半の押さえておきたい健康情報

9月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年10月03日

小児ADHD、国内初の処方実態調査

小児ADHD、国内初の処方実態調査

薬剤・医療ニュース
2018年09月26日

9月前半の押さえておきたい健康情報

9月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年09月19日

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

医学部と他学部でHPVワクチンの認識に差

医学部と他学部でHPVワクチンの認識に差

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

トップに戻る