新規登録

学生アスリートはこうやって支える!

2018年10月11日 11:00

 みどりや薬局 清水雅之

 みなさま、こんにちは。みどりや薬局の清水です。 098599.png

 前回は学校薬剤師としての活動を紹介しましたが、今回は学生アスリートに対するスポーツファーマシストとしての支援をテーマに書かせていただきます。

今回ご紹介すること・・・

  • ・スポーツファーマシスト活動を支えるのはSNS
    ・アンチ・ドーピングだけが仕事じゃない
    ・それでも、学生とアンチ・ドーピングの話をしたい!
    ・一般向けのアンチ・ドーピング啓発は無駄?
    ・第51回日本薬剤師会学術大会でブース出展しました
大井川鉄道02.jpg大井川鉄道には、トーマス機関車が走ります。
ちびっ子たちが全国からトーマスに会いに来ます。

098599.png スポーツファーマシスト活動を支えるのはSNS 

 皆さんは、アスリートからの相談をどのような形式で受けていますか?対面や電話、FAX、メールなどでしょうか。

 私へのドーピング相談も対面や電話、FAXで来るものが多いのですが、学生アスリートからの相談を受ける上で忘れてはならないツールとしてSNSがあります。実際のところ、学生アスリートとの相談のほとんどはSNSで行っています。

 以前は「SNSはあくまで情報発信のツール。対面と電話相談がメインとなる」と考えていましたので、スポーツファーマシスト検索サイトなどでは薬局の住所と電話番号のみを公開していました。しかし、今では情報発信だけではなく、大学などに所属する学生アスリートからの相談ツールとしても活用しています。相談内容も治療薬、サプリメントの摂取に関するものから、女性特有の月経調整に関する問い合わせまでさまざまです。

 余談ですが、SNSを利用した相談で学生アスリートに次いで多いのが、薬剤師からの相談です。横のつながりが弱いスポーツファーマシストにとって、SNSを通じた交流は貴重なものかもしれませんね。かくいう私も、SNSを利用して多くのスポーツファーマシストや関係者の皆様に助けていただいています。

(参考)
スポーツファーマシスト検索サイトhttps://www3.playtruejapan.org/sports-pharmacist/search.php
みどりや薬局Facebookページ https://www.facebook.com/midoriya.m2020/
Twitterアカウント @MidoriyaShimiz 

お茶アイコン.png アンチ・ドーピングだけが仕事じゃない 

 私の薬局には、アスリートに限らず、学生さんも多く訪れます。花粉の時期にはアレルギー治療が多いですし、目の周辺を負傷して治療に来られる方もいます。その中には、部活動やスポーツクラブに所属している学生も少なくありません。彼らの多くは、ドーピング相談などのアンチ・ドーピング支援をそれほど必要としていません。しかし、治療面からのサポートでは、スポーツファーマシストの能力を発揮できると思います。

 例えば、ケトチフェンやエメダスチンなど、インペアードパフォーマンスの影響が大きい内服薬が出ていた場合は、医師にスポーツを行う上でのパフォーマンスの違いなどを説明して、フェキソフェナジンなどへの変更を提案できます。また、コンタクトレンズをスポーツ時に使用している方へは、塩化ベンザルコニウム無添加の点眼薬※1やPF製剤※2への変更提案もします。

 処方提案にあたっては患者さんの特性を十分に把握した上で行う必要がありますが、スポーツファーマシストとしてだけでなく、かかりつけ薬剤師としてもスポーツの特性や生活リズム、競技会の時期などコミュニケーションをとりながら行っていくことが重要かと思います

※1 塩化ベンザルコニウム配合の点眼剤は角膜への影響を考慮し、アスリートに限らず、コンタクトレンズを装着している方などへの使用をお勧めしていません。競技時のみコンタクトレンズを装着しているアスリートが「日常的にコンタクトレンズを使用していない」と医師に伝えたため、塩化ベンザルコニウム配合の目薬が処方されているケースがあります。その場合は疑義照会を行い、変更を提案します。また、水泳や陸上競技などを行っていて、角膜への傷を心配するアスリートもいます。この場合にも、角膜上皮障害軽減のために塩化ベンザルコニウム配合の点眼剤の使用中止を提案することがあります。

※2 PF製剤:目薬の容器の一種。フィルターを用いており、細菌の外部からの進入を防ぐため、防腐剤を含まない点眼薬の使用が可能である。

野球部池新田ドーピング講座③.JPGOTCなどの実物を見せながら講義します。

お茶アイコン.pngそれでも、学生とアンチ・ドーピングの話をしたい!

 「学校の部活動などで、アンチ・ドーピング啓発講座をしたい!」地域での活躍を目指すスポーツファーマシストは、こう思っているのではないでしょうか?私もまさにそうです。スポーツファーマシストになった当初は、色々な学校や部活動へ、まるで飛び込み営業のように案内して回りました。しかしながら、結果は散々。それは第1回に書いた通りです。

 ところが先日、高校の野球部でアンチ・ドーピング啓発講座を開く機会を得ることができました。きっかけはSNSで久しぶりにつながった高校の同級生。彼は高校野球部の監督をしており、活動の様子をSNSにアップしていました。早速連絡を取ってみたところ、アンチ・ドーピング啓発講座の開催を快く了承してくれました。

 平日の午後、練習開始前に20分程度時間をもらい、グラウンドで講義を行いました。内容は、ドーピングに関する簡単な知識、うっかりドーピングとその対策などについて。OTCやサプリメントなども持参して、実物を見せながら話しました。

 部活動などでのアンチ・ドーピング啓発講座は、アスリートからの相談以上にハードルが高いとも言われますが、知り合いがいるだけで貴重な一歩を踏み出せると実感しました。

野球部池新田ドーピング講座②.JPGグラウンドで高校の野球部員にドーピング講座。みな真剣に聞いてくれました。

一般向けのアンチ・ドーピング啓発は無駄?098599.png

 私はアスリートだけではなく、一般市民に対するアンチ・ドーピング啓発活動も行っています。皆さん、アスリートとドーピングの話にとても興味を持って聞いてくれますが、他の薬剤師などからは一般市民向けのアンチ・ドーピング教育が必要なのかと疑問を持たれることがあります。確かに、普段の生活などで直接役立つ知識ではないかもしれません。しかし"間接"的にはどうでしょうか?

 私が受けるドーピング相談の半分以上は、学生アスリートとそのご家族からのものです。むしろ、学生アスリート本人より、ご家族からの相談の方が多いかもしれません。

 先日も学生アスリートのご家族が、「東京の大学チームに所属している娘が皮膚科を受診した。処方薬をチェックしてほしい」と、薬の画像を手に来局されました。その方は娘さんが小さなころから、二人三脚でスポーツ活動に励み、支えてきたのですが、娘さんの大学進学により今は離れて応援しているとのことです。これまではコンディションの調整を始め、娘さんの健康にかかわることには全て関わっていたため、心配で仕方なく、地元の静岡で相談できるところを探していた際に私たちの活動を知り、相談に来られたようです。

 当たり前のことですが、アスリートのご家族はアスリートの何倍もいます。地域での一般向けのアンチ・ドーピング啓発活動は、アスリートを心配するご家族のもとにスポーツファーマシストとしてのメッセージを届ける活動とも言えるかもしれませんね。

【第51回日本薬剤師会学術大会でブース出展しました】

 平成30年9月23、24日に石川県金沢市で開催された第51回日本薬剤師会学術大会金沢に参加しました。合同会社みどりや薬局として、企業展示エリアにドーピングガーディアンのブースを開設し、PR活動を行ってきました。

 ブースに立ったのは、私と妻と大学の後輩のスポーツファーマシスト3名。立ち寄ってくれる人がいるか、最初は不安でした。しかし、私たちの活動を知っている方が意外と多く、配布物が無くなるほどの盛況ぶりでした。多くの薬剤師にドーピングガーディアンをPRできてよかったです。

 一方で「私も一応認定は取っているけれど、活動はあまりしていない」というスポーツファーマシストが多く、驚きました。そういったスポーツファーマシストからも、私たちのドーピングガーディアンへ期待の声をいただき、これからまた気持ちを新たに活動を続けていきたいと感じるブース出展でした。

【コラムコンセプト】

みどりや薬局はごくごく普通の家族経営の薬局。周りの薬局とちょっと違うのが、健康サポートに力を入れていること。特に最近はスポーツファーマシストとしての活動からの健康サポートに励んでいます。数多くの失敗を経験しながら、スポーツファーマシストとしての地域への貢献を試行錯誤する奔走気!

【清水雅之氏プロフィール】みどりや薬局様2枚目.jpg

1984年生まれ。お茶と大井川とSLのまち島田市で家族経営の薬局みどりや薬局を営む。生まれ育った島田市を健康サポート薬局として支えるため、日々奮闘中。少年時代に出場したレスリングの全国大会に多くのオリンピアンがいることを知り、アスリート支援に興味をもちJADA公認スポーツファーマシストを取得。スポーツファーマシストとして活動する中、発明&実験好きの血が暴走してしまいうっかりドーピング防止カードゲーム「ドーピングガーディアン」を開発。スポーツファーマシストや薬剤師の新たな可能性を探索しています。

みどりや薬局
 https://www.facebook.com/midoriya.m2020/

ドーピングガーディアン
 https://www.doping-guardian.com/

似たようなコンテンツ
死を意識した患者・家族に寄り添う 在宅薬剤師の経験から

死を意識した患者・家族に寄り添う 在宅薬剤師の経験から

コラム
2018年12月03日

薬剤師が押さえておきたい健康トピックス(2018年11月後半)

薬剤師が押さえておきたい健康トピックス(2018年11月後半)

【児島悠史氏】薬剤師が注目する健康トピックス
2018年12月03日

パラアスリートをサポート!静岡の薬剤師にすごい機会がやってきた!

パラアスリートをサポート!静岡の薬剤師にすごい機会がやってきた!

【コラム】スポーツファーマシスト全国奔走記
2018年12月03日

便秘薬~うんちの調子が悪いんですけど、どんな薬がイイですか?- 後編

便秘薬~うんちの調子が悪いんですけど、どんな薬がイイですか?- 後編

【論文から学ぶ】薬剤師のためのOTC医薬品
2018年12月03日

便秘薬~うんちの調子が悪いんですけど、どんな薬がイイですか?- 前編

便秘薬~うんちの調子が悪いんですけど、どんな薬がイイですか?- 前編

【論文から学ぶ】薬剤師のためのOTC医薬品
2018年12月03日

第16回 離島調査第4弾「二次離島住民に対するかかりつけ薬局定着事業」スタート

第16回 離島調査第4弾「二次離島住民に対するかかりつけ薬局定着事業」スタート

【コラム】長崎五島で働く薬剤師奮闘記
2018年12月03日

超デリケートな患者さんに必ず伝えたいことは?

超デリケートな患者さんに必ず伝えたいことは?

【コラム】がん患者の処方箋をあつかう薬剤師の奮闘記
2018年11月30日

患者が薬剤師を選べる仕組みづくりにまい進 ~愛知県薬剤師会の試み

患者が薬剤師を選べる仕組みづくりにまい進 ~愛知県薬剤師会の試み

インタビュー
2018年11月29日

トップに戻る