新規登録

「服薬指導力がないってことでしょ」薬局長のツッコミにリベンジ!

2018年11月02日 19:38

「服薬指導力がないってことでしょ」薬局長のツッコミにリベンジ!

協力 ◎ 福井繁雄

このシリーズは、

byouin ICON.png薬局での外来ケモ対応に関する病院とのやり取り
患者 アイコン.png薬局でのがん患者さんへの対応の2本立てでお届けします。
 

患者 アイコン.pngひよこからにわとりへ?

「ごめん、ちょっと今手離せないから中島さんの投薬お願い!」と、突然薬局長から言われて中島さんと初めて顔を合わせたのは、1年ほど前のことだろうか。

僕:こんにちは。体調はいかが...

中島さん:説明はいいから、薬を早く袋につめてちょうだい!

僕:はっ、はい!

"会話拒絶モード"に気おされて、なにも聞けず、なにも話せずじまい。「初対面だし、よくあることさ」と、次の仕事に取り掛かろうとしたが......。前回中島さんが来た時、薬局長と親しそうに長話をしていたのを思い出してしまった。僕は言葉を発する機会すら与えられなかったのに。僕ではまだまだ力不足ってことか?顔を合わせたあの一瞬で、中島さんの気に障るようなことをしただろうか?自分の力不足加減にちょっぴりへこんだ僕は、薬局長の手が空いたすきに相談してみた。すると...。

薬局長:服薬指導力がないってことでしょ

ばっさり。

「確かに服薬指導力は所詮ひよこレベルですよ!」と自虐的になっている僕に、ベテラン薬剤師の田中さんが「中島さんは時間をかければ信頼が得られるタイプの人よ」とフォローしてくれた。

薬局長も、「まぁ、あなたが男性だからっていうのもあるかもしれないし。知識は勉強すれば身に付くけど、患者さんの信頼は時間をかけないとね。頑張って」

さすが年の功。飴とムチの使い方がうまい。

「僕、頑張ります!!」単純な僕は息を吹き返し、軽い足取りで次の調剤に取り掛かった。00_p10_11_外来ケモ_0520-3.jpg

それからというもの,中島さんが来たときは僕が出るようにした。

「今日はウブレチド®が出てますね」と問いかけると、「病院で聞いてるから、早く薬!」と会話拒否。別の日には「点滴治療されてるんですよね」と言うと、「あなたじゃなくて、あの方呼んで」と薬局長を指名。なにか糸口はないものかと、がん患者さんのブログを読んで参考にしてみたりもした。しかし、中島さんと会話が成り立つことはなく、薬を渡すだけで終わること数回。

 b_ornament_13_1S.png

そんなある日、僕と中島さんの関係に転機が訪れた。

中島さんの処方箋をみると、イメンド®が処方されている。ちょうどこの前、勉強会に行ったばかりで知識はばっちりだ。今日はこの話題でいこう!処方箋と薬歴を確認して、服薬指導に向かった。

僕:中島さん。お待たせしました。今日はイメンド®というお薬が出ていますね。病院でも服薬されましたか?

イメンド®カプセルは飲み方が複雑な制吐薬。点滴の1時間〜1時間30分前と、点滴翌日、翌々日に1日1回午前中に服用する。病院薬剤部との話し合いでもイメンド®の服薬指導は重要項目に挙げられている。

中島さん:飲んだわよ。ぜんぜん吐き気がないのよ!いままで吐き気がひどくて辛かったんだけど、すごく楽になったわ〜。

僕:そうですか!それは、よかったですね。吐き気は辛いですよね......。イメンド®は、明日の午前中に1回、明後日の午前中に1回。この80mgのお薬を飲んでくださいね。食前でも食後でも構わないですよ。

中島さん:午前中ね。これ、さっき病院で飲んだけど、また飲むの?

中島さんは、パッケージの一番上、125mgカプセルを指差して言った。

僕:この125mgのカプセルは、次の点滴のときに病院に持っていって、点滴の前に飲んでください。忘れずに持っていってくださいね。

中島さん:次回までとっておかないといけないのね。でも、吐き気がないってほんっと幸せ!!

いつもとは打って変わって晴れやかな表情の中島さん。吐き気がないことが、ひよこレベルの僕にでも話したいと思うほどの喜びだということが伝わってきた。

イメンド®をきっかけに、中島さんは少しずつではあるが打ち解けて話をしてくれるようになってきた。大腸がんであること、吐き気のつらさや病院通いの大変さ......。にわとりにはまだまだ及ばないが、ひよこから少し成長できたかな。

【福井繁雄氏プロフィール】

薬学部卒業後、透析、CKD、ガン専門の薬局に13年勤務し、現在は在宅医療に関わっている。学生時代から行ってきた家族(特に祖母)のお薬管理を通じて、残薬管理に疑問を持ったことが、在宅医療に関わるようになった理由。これまでの経験を他の薬剤師にも生かしてもらいたいと、全国での研修会を月一回、行っている。自身は、生後3週間でアトピー性皮膚炎を発症し、リバウンドも経験。アトピー罹患者としての講演も行っている。

【研修会】

日本薬剤師研修センター認定の研修を月1回開催しています。
開催スケジュール:日本薬剤師研修センター受講シール2単位取得研修会(LIFE HAPPY WELL)


アンケート用紙のアイコン素材 (1).png

難しいがんの専門用語を学んでみよう→【いまさら聞けないがん治療関連用語】

トップに戻る