新規登録

保険薬局の日常業務は"ネタ"の宝庫!

第37回日本社会薬学会 これからを担う若手薬剤師からの発信

2018年12月13日 08:15

保険薬局の日常業務は

有限会社イトーヤク 岩出 健太郎氏

 患者や他職種、厚生労働省などから薬剤師の業務や役割の”見える化”が求められている。薬剤師業務を示す方法の1つに学会発表があるが、忙しい薬局薬剤師にとってはハードルが高いという声もある。有限会社イトーヤクの岩出賢太郎氏は、第37回日本社会薬学会のシンポジウム「これからを担う若手薬剤師からの発信」に登壇。学会発表は決して敷居の高いものではないとし、日常の業務改善などを”ネタ”に、積極的に発表していこうと聴衆に呼びかけた。

この記事のポイント

  • 日常の業務改善を学会発表のネタに!
  • 岩出氏の発表経験ー薬剤師の介入で特別養護老人ホームでの坐薬、下剤の使用をゼロに!

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る