新規登録

腎機能低下患者の有害事象回避において 薬局薬剤師の役割は大きい

第37回日本社会薬学会 これからを担う若手薬剤師からの発信

2018年12月20日 08:15

腎機能低下患者の有害事象回避において 薬局薬剤師の役割は大きい

 熊本大学大学院生命科学研究部・薬学部 薬剤情報分析学分野 近藤悠希氏

 現在の日本において、慢性腎臓病(CKD)患者は1,330万人以上に上り、今後もさらなる増加が見込まれている。一方、CKD患者は医薬品による有害事象のハイリスク群であり、薬学的な問題・課題を抱えている。その約7割は保険薬局で薬を受け取っているため、薬局薬剤師による腎機能低下患者への適正な介入が重要となる。電子薬歴やレセプトコンピュータに搭載可能な腎排泄型薬剤処方監査支援システムを開発した熊本大学大学院の近藤悠希氏は、第37回日本社会薬学会に登壇。自身の薬局薬剤師としての勤務経験を基に開発したこのシステムを紹介したほか、併用薬によって薬剤性腎障害リスクが高まるシグナルをビッグデータを用いて検出した研究について発表した。

この記事のポイント

  • 腎排泄型薬剤の7割が保険薬局で調剤されているため、保険薬局における対策が求められる
  • 近藤氏は腎排泄型薬剤の過量投与を回避するために、レセプトコンピューターに搭載可能な腎排泄型薬剤監査システムを開発
  • 同時に、適正用量でも起こる薬剤性腎障害を防ぐための情報も重要である

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る