新規登録

抗菌薬耐性に"多人数の少量使用"が関連

2019年01月24日 11:55

抗菌薬耐性に

© Getty Images 10174593_258 ※画像はイメージです

 近年、抗菌薬耐性は世界的に大きな問題となっている。米・Harvard T. H. Chan School of Public HealthのScott W. Olesen氏らは、米国の薬剤処方データベースを用いて抗菌薬の使用状況と薬剤耐性の関連を検証。その結果、抗菌薬を1年間に1回しか処方されない人たちによる使用が大部分を占めており、薬剤耐性の増大にはこの多人数による少量・低頻度の使用が少人数による反復使用よりも強く関連していたとeLife(2018; 7: e39435)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 特定地域での特定薬剤の高頻度使用で耐性増大
  • 3割程度の反復使用者より年1回使用者が耐性に関連
  • 使用量より使用人数が問題になる可能性

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る