新規登録

【薬剤師が知っておきたい!】子宮内膜症の症例とアドバイス vol.1

2019年02月01日 07:00

東京大学医学部産科婦人科
原田美由紀
大須賀穣

 患者さんの年齢や妊娠の希望の有無で、対応が異なる子宮内膜症。さまざまなタイプの症例から、患者さんへの対応の仕方を考えていきましょう。まずはクイズで知識をチェック!

rinsyokohza_shikyu.png

question.png

Q.次のうち、子宮内膜症について正しいものはどれか?

  1. 子宮内膜症性卵巣囊胞摘出後は、再発予防のため数カ月間(超)低容量エストロゲン・プロゲスチン製剤(LEP)を服用することが望ましい
  2. LEPは肝機能障害などの副作用が出ることがあるので、定期的に採血検査をするとよい
  3. 子宮の肥大が大きくなく経産婦である場合、子宮内黄体ホルモン放出システムも治療の選択肢となる
  4. 逃げ込み療法には、主にジエノゲストが使用される

▽ 解答はこちら ▽

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2 3 4 5 6 7 8
トップに戻る