新規登録

このままでは医薬分業が患者の不利益に

―薬局薬剤師が医師・病院薬剤師に望む連携と情報共有

2019年02月05日 10:00

 精神疾患患者に対する服薬指導には困難がつきまとう。薬局薬剤師が丁寧な説明を心掛けても、副作用や相互作用に対する患者側の受けとめ方によっては、過剰反応や症状悪化の引き金になる。また、医師と異なった説明を行うと、医師-患者の関係を崩し、治療の成否に影響を与えかねない。これらを回避するには、薬局薬剤師と医師・病院薬剤師との連携が不可欠だ。トライアドジャパン株式会社薬局事業統括本部の竹内尚子氏は、第28回日本臨床精神神経薬理学会/第48回日本神経精神薬理学会(11月14〜16日)のシンポジウム「精神科医と薬剤師のクロストーク」に登壇。患者および医療従事者を対象に行ったアンケート結果から、薬局薬剤師が置かれている状況を①患者②医師③制度―の3つの観点から考察し、情報共有を中心とした連携構築の必要性を訴えた。(関連記事:疑義照会を受けた医師の本音はコレだ!

22726_face.jpg

◎この記事のポイント

  • 知りたい患者と話してほしくない医師
  • 十数年前と変わらぬ薬局薬剤師の“板挟み状態”
  • 必要な情報を医療者でなく患者から得ていることが問題
  • このままでは医薬分業が患者の不利益に

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る