新規登録

りんご薬局、商工会議所の補助金ゲットなる!?

「下町ワイガヤ薬局日誌」第六話

2019年02月05日 11:10

提供:CareNet

 調剤室の備品のなかには結構高額なものがありますよね。とくに高いのは分包機でしょうか。Vマスからはじまって円盤、それも二枚円盤になると便利ですが、どんどんお値段のほうも上がっていきます。

 展示会を見るとうらやましいくらいの多様な機能を持った機器が並んでいますが、いざ自分が費用を捻出するとなると、好き勝手ばかりいってはいられません。すべてを購入できる資金は当然なく、本当にどれだけの投資が必要なのか、薬局をオープンする前に本気で考えました。

 そんなとき、商店街の役員さんがりんご薬局に1人の男性と一緒に現れました。なんと商工会議所の方とのことです。商工会議所に入っていない私に何の用? と思っていると、「りんごさん、何か必要と感じているものはありませんか?」と聞くのです。

「そりゃあ、欲しいものはたくさんありますよ。でも、先立つものがなくて…」と私が答えると、「よい補助金制度があるんですよ」と彼は小規模事業者持続化補助金という制度を教えてくれました。なんでも社員が5人以下の小規模事業者の販路拡大等の取り組みに対し、その費用の3分の2、最大50万円を支援してくれるそうです。

 とてもびっくりしましたが、夜に灯がつく看板がオープン当初のりんご薬局にはなかったので、看板がほしいと伝えたところ「なるほど! もらえる可能性がありますね」ということになりました。どうやら怪しい話ではないようなので、私は思い切って補助金を申請してみることにしました。

6回目記事用メイン_クリーンベンチ.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
トップに戻る