新規登録

2. 薬物代謝酵素による相互作用(2019)

2019年02月21日 13:29

千葉大学大学院薬学研究院 臨床薬理学研究室 樋坂章博
東京大学医学部附属病院 薬剤部 大野能之

1. 薬物代謝の意義

 経口投与された薬剤は、小腸内腔から小腸粘膜を経て血液中に吸収され、門脈を通じて肝臓へと運ばれ、肝静脈を経て全身循環に入ります〈図1〉。薬物代謝酵素とトランスポーターは小腸と肝臓に特に多く発現しており、そのために薬は全身循環に入る前にまずここで代謝・輸送を受け、これらによる薬物の除去を初回通過効果(first pass effect)と呼びます。

 薬などの異物にとって、初回通過効果は体内に入る前の重要な関所となっています。関所を越えて全身循環に入った後は、多くの薬物は肝臓および腎臓で代謝・排泄を受けることで徐々に消失します。

 これらにおける薬物代謝の程度の変化は、薬効に大きな影響を与えます。したがって、併用薬により薬物代謝酵素が阻害、あるいは誘導されると、薬物相互作用が起こります。薬物相互作用は、初回通過時でもその後の全身循環からの消失過程でも両方起こりますが、そのうち初回通過時の相互作用は経口薬の場合のみに認められることに注意が必要です。そのために経口投与時と静脈内投与時では薬物相互作用の大きさが異なり、その違いは数倍に及ぶこともあります。

 薬物の体内動態には、代謝酵素の他にトランスポーターが重要な働きを示す場合があります。肝臓、腎臓、小腸における薬物の輸送については、「薬物トランスポーターの関わる相互作用」を参照してください。

図1.小腸と肝臓における初回通過効果と相互作用

DDI2016_1.JPG

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2 3 4 5 6 7 8
トップに戻る