新規登録

本気で在宅やるなら「サビ担」だ

「下町ワイガヤ薬局日誌」第九話

2019年04月23日 11:30

提供:CareNet

 みなさん、在宅訪問していますか? りんご薬局では数軒のお宅を訪問しています。居宅療養管理指導って、窓口業務と比べると慣れていないため、契約書や計画書など手続きや書類が大変ですよね。それでも、ご自宅でお話ししていると、薬だけでなく患者さんの生活が見えてくるので、驚いたり楽しかったり、新たな気づきがあったりします。

 在宅療養計画には「サービス担当者会議」、略して「サビ担」が欠かせません。サビ担とは、サービス担当者を集めて、ケアプランの内容を検討する際に開催される、とても大切な会議です。通常は、患者さんの家で患者さんを囲んで行われます。

残念ながら、病院での退院時共同指導とは違って、参加しても報酬はいただけません。まさにサービスですね(苦笑)。それでも在宅療養に医療は必須なので、私はなるべく出席するようにしています。

このサビ担はケアマネジャーが計画して、関係するサービス機関にお呼びがかかります。がんの終末期やALS(筋萎縮性側索硬化症)など医療依存度が高い場合、高齢で認知症や通院困難がある場合など多少違いはありますが、本人と家族を中心にケアマネさんやヘルパーさん、介護ベッドなどの福祉用具屋さん、デイサービスの職員さん、配食弁当屋さん、必要なら訪問看護師さんなどです。

9回目記事用メイン_在宅訪問用自転車より2.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
トップに戻る