新規登録

【解説】副作用はどこまで伝えたらいいのか?

2019年05月23日 09:53

ウィズサポ/株式会社ジョヴィ
川村 和美

患者さんの望みに応えるか、医師の指示に従うべきか...。どのように判断したら適切なのだろうとモヤモヤしたことはありませんか?

とりわけ、"倫理的判断"に迷う場面においては、直感に基づく判断をせず、そのケースをさまざまな側面から幅広く検討し、より望ましい決定をするというプロセスが重要になります。

今回は、患者さんに副作用の説明をしていたら「そんな恐ろしい薬は飲みたくありません!」と言われたケースです。薬剤師として、どのように対応すればよいでしょうか。

第9回副作用図1.jpg

このケースの詳しい状況説明や、薬剤師が倫理的に判断するために必要な5つの視点からの解説はこちらに掲載しています。
※(関連記事)「そんな薬のみたくありません!」

それぞれの対応は望ましい?

このケースを考える上で大切な、5つの視点から解説していきます。
※(関連記事)倫理的に判断するための5つの視点とは?

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2
トップに戻る