新規登録

Twitter画像でうつ病、不安を識別

2019年05月30日 12:00

Twitter画像でうつ病、不安を識別

 米・University of PennsylvaniaのSharath Guntuku氏らによる研究から、抑うつや不安を有するTwitterユーザーは、美的魅力や色の鮮やかさに乏しい画像を投稿する傾向があることが分かった。Twitterの投稿画像は、うつ病のスクリーニングに活用できる可能性があるという。結果の詳細は米国人工知能学会(AAAI)が主催するウエブとソーシャルメディアに関する国際会議(ICWSM 2019、6月11~14日、ミュンヘン)で発表される。

この記事のポイント

  • 自分1人の写真が多く、趣味の写真は少ない
  • 自動化で低コストスクリーニングツールに

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る