新規登録

7割が再発予防効果に期待 統合失調症治療薬

ブレクスピプラゾール

2019年06月21日 10:15

 統合失調症では、錐体外路症状(EPS:手が震える、筋肉がこわばる)などの副作用が少ない第二世代の抗精神病薬の登場で、治療が大きく前進したが、副作用の問題は完全には解決されていない。Medical Tribuneでは、昨年(2018年)4月に発売されたブレクスピプラゾール(商品名:レキサルティ)の処方動向を調査。既存薬を改良し、より使いやすくなった同薬について、7割超の医師が「再発予防に有効」と答えるなど、高い期待が示された。

1906006_fig01[1].png

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る