新規登録

プレガバリンで自殺行動リスクが上昇

プレガバリンで自殺行動リスクが上昇

2019年06月28日 12:00

プレガバリンで自殺行動リスクが上昇

 プレガバリン服用により自殺行動や偶発的過量服用などのリスクが上昇することが明らかになった。日本ではてんかんや神経障害性疼痛などに適応を持つガバペンチノイド(ガバペンチンまたはプレガバリン)を処方された15歳以上のスウェーデン人19万人超のデータを検討した結果を、英・University of Oxford/スウェーデン・Karolinska InstitutetのYasmina Molero氏らがBMJ2019; 365: l2147)に発表した。また年齢別に見ると、特に15~24歳の若年者でリスクの上昇が顕著であることも分かった。

  • 自殺、過量服用、外傷、交通事故リスクが上昇
  • 若年者の治療ガイドライン見直しも
  • ガバペンチンでは有意な関連を認めず

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る